男性型脱毛症(AGA)と血流及びストレスの関連性について発表

この記事はPR TIMESからの転載によるものです。
記事に関するご質問・ご意見はPR TIMESにお尋ねください。

近畿大学薬学部医療薬学科(大阪府東大阪市)公衆衛生学研究室教授 川﨑直人と近畿大学医学部奈良病院(奈良県生駒市)皮膚科教授 山田秀和、株式会社毛髪クリニックリーブ21(本社:大阪市中央区)は、平成30年(2018年)年5月25日(金)に大阪国際会議場で開催される第18回日本抗加齢医学会総会にて、「男性型脱毛症(AGA)とヘモグロビン量またはストレスとの関連性に関する基礎研究」を優秀演題受賞講演として共同発表します。
【本件のポイント】
● 近畿大学とリーブ21による、産学連携に基づいた長期共同研究の成果
● 男性型脱毛症 (AGA)と血流やストレスとの関連、予防に関わる原因を解析
● 日本抗加齢医学会総会にて、優秀演題受賞講演として共同発表 

【本件の概要】
近年、薄毛に悩む人の数は増加傾向にあり、中でも成人男性で最も多いといわれている脱毛症が男性型脱毛症(AGA)です。AGAは、遺伝的要因と男性ホルモンによる影響が強いというイメージがある一方で、多くの環境的要因も関与していると考えられていましたが、今回、近畿大学とリーブ 21 は共同研究の結果、AGAが生活習慣やストレスなどにも起因している可能性があることが分かりました。本共同研究は平成24年(2012年)から行っており、今後は関連性が認められた項目を詳細に追跡調査・研究し、AGAと環境的要因の因果関係研究に活用していく予定です。

■日  時:平成30年(2018年)5月25日(金)10:40~12:00の間で約10分間の発表
■場  所:大阪国際会議場(グランキューブ大阪)会議室1001+1002(第4会場)
(大阪市北区中之島5-3−5、京阪中之島線「中之島(大阪国際会議場)駅」2番出口すぐ)
■演  題:男性型脱毛症(AGA)とヘモグロビン量またはストレスとの関連性に関する基礎研究
■筆頭演者:近畿大学薬学部医療薬学科 公衆衛生学研究室 教授 川﨑直人

【(株)毛髪クリニック リーブ21について】
■商   号:株式会社毛髪クリニック リーブ21
■本社所在地:大阪府大阪市中央区城見2-1-61 ツイン21 MID タワー22F
■代表取締役社長:岡村勝正
■設      立:平成5年(1993年)11月
■事業内容:頭髪の発毛施術サービス及び関連商品の販売
■HP:https://www.reve21.co.jp/company/

記事をシェアする