“働き方改革時代”を生き抜くためのスキマ時間のリフレッシュ秘策は、“頭皮マッサージ”!?『大谷亮平のサクセスフル・メソッド』動画7月17日(火)より公開

この記事はPR TIMESからの転載によるものです。
記事に関するご質問・ご意見はPR TIMESにお尋ねください。

花王株式会社のメンズグルーミングブランド「サクセス」は、7月17日(火)より新イメージキャラクターの大谷亮平さんが頭皮マッサージを実演し紹介するWeb動画『大谷亮平のサクセスフル・メソッド』 を公開します。ストレスフルで忙しい日々を送っている昨今のビジネスマンに、さりげなくできる“頭皮のセルフマッサージ”のメソッドをご紹介いたします。

動画『大谷亮平のサクセスフル・メソッド』は、仕事場や自宅等でスキマ時間を活用して簡単に実践できるマッサージを、大谷亮平さんが実演し紹介します。「会議中に考えるフリをしながら~」「熱くなりすぎた部下をなだめるフリをしながら~」など、仕事をしていると見せかけながら、さりげなく頭皮マッサージをする“してるフリマッサージ”を、大谷さんがコミカルに実践し、シュールな場面も織り交ぜながら、成功(サクセス)を手に入れるビジネスマンを演じます。

■動画『大谷亮平のサクセスフル・メソッド』はこちら URL:http://youtube.com/watch?v=2RUTBortb2k

大谷さんは今回のメソッド動画について、「頭皮マッサージは、美容師さんなどにやっていただくと気持ち良いですが、忙しい時のリフレッシュ方法として自分で頭皮マッサージをするというのは、今まで意識してなかった意外な方法で、新しい試みだと思います。気持ち良いし、お金がかからないところがいいですよね!」とコメント。「実演した“●●しているフリマッサージ”の中では、“部下をなだめるフリマッサージ”が、スッキリするので良かった。”手のやり場に困ったフリマッサージ“は、変な人だと思われないように注意が必要かもしれません(笑)。」と感想を語ってくれました。
スマートなビジネスマン姿の大谷さんが、オフィスでありそうな場面・無さそうな場面で、リフレッシュ秘策をコミカルに実践する姿に注目です。

■「大谷亮平のサクセスフル・メソッド」 “●●しているフリマッサージ”
“難題に取り組んで長考しているフリ”マッサージ

①大きく3回深呼吸。
②手の腹の部分を使う。指圧ではなく、
優しくほぐすため。
③頭皮を縦横にゆっくり動かす。

“熱くなりすぎた部下を冷静になだめるフリ” マッサージ

①大きく3回深呼吸。
②3本指の腹を使う。
より深い部分をほぐすので、少し力が強めにかかるように。
③首の後ろの頭皮を掴み、左右上下に動かす。

“手を挙げたものの、思いがけない展開に手のやり場に困ったフリ”マッサージ

①大きく3回深呼吸。
②第一関節の腹を使う。5本の指全てを使うようにすると、
強くなりすぎずGOOD。
③逆側の手で側頭部を引き上げる。
腕を上げ、逆側の側頭部を5本の指の腹で掴んで離す。

 

■ 出演者 大谷亮平さんプロフィール

1980年10月1日生まれ。 大阪府出身。身長180cm。
2003年、モデル・俳優として韓国を拠点に活動をはじめ、映画『神弓-KAMIYUMI-』(11)や『バトル・オーシャン 海上決戦』(14)などに出演。2016年、CX連ドラ「ラヴソング」で日本デビュー。その後、TBS連ドラ「逃げるは恥だが役に立つ」(17)、映画「奪い愛、冬」などに出演し、“逆輸入俳優”として注目を浴びる。2018年5月には、映画「ゼニガタ」で初主演を果たした。今年は、NTV系連ドラ「ラブリラン」、テレビ東京系連ドラ「ラストチャンス」、映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」、「焼肉ドラゴン」、「パパはわるものチャンピオン」などの出演が続く他、10月よりNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」への出演も決まっている。

■ 一日の締めくくりには、育毛トニックを使って頭皮ケア&マッサージを
サクセス 薬用育毛トニック【医薬部外品】
独自の有効成分<t-フラバノン*1 >が、毛根の奥にある毛球に働きかけ、太く長く根強い髪を育て、抜け毛を防ぎます。

●血行促進し、血液中の栄養が毛根に送り込まれ、抜け毛を防ぎます。(ニコチン酸アミド配合)
●爽快なミクロ炭酸*2ジェットで力強く毛根の奥深くまで到達させます。
●殺菌作用で、フケ・かゆみを防ぎます。(ピロクトン オラミン配合)

●スプレーするたびにすぐにマッサージしてなじませます。数回に分けて繰り返します。

*1 トランス-3,4’-ジメチル-3-ヒドロキシフラバノン
*2 炭酸ガス(噴射剤)

一日の締めくくりに!育毛トニックで、頭皮ケア&マッサージ

①育毛トニックをスプレーするたびに片手ですぐ地肌にもみこみ、なじませる。

②頭皮全体に行きわたるよう、なじませる。
③生え際からつむじに向かってらせんを描きながら、頭皮をもみほぐす。

④頭皮全体をトントンと軽くたたく。

記事をシェアする