AGAクリニックの選び方

こんにちは!AGAにお悩みの皆様に情報を紹介しています。
今日はAGAと遺伝の関係性についてです。
そもそもAGAって?というかたはこちらへ

続きを読む

show less

 

男性の薄毛は一般的に円形脱毛症とAGAに分かれますが、自身がAGA治療を受けようと思ったときどのような基準でクリニックを選んでいけばよいのでしょう。いくつかのポイントをご紹介します。

AGA治療専門のクリニックを探す
“自身がAGAの治療を始めたい、と思ったときにどこを受診したらよいのかきっと迷う事でしょう。
身近なところで言えば、皮膚科でも診察をしてもらえます。また発毛サロンやヘアエステサロンなどもあります。
専門クリニックとそれらの違いはどこにあるのでしょうか。

【専門クリニック】
プロペシア(フィナステリド)を処方する単剤処方治療に加え、ミノキシジルという外用薬を併用した治療も可能です。育毛メソセラピーなどを組み合わせた複合的な治療ができるクリニックもあります。
また継続的な治療になるので、カウンセリングをはじめ治療計画、経過観察など専門的なアドバイスをしてもらえます。

【皮膚科】
一般的な病院ではプロペシア(フィナステリド)が処方されます。
AGA専門ではないので、薬の副作用の説明や処方はしてもらえますが、個人にあった治療計画を立ててくれるのではなく画一的な治療になるのが一般的です。
またAGAの治療実績が乏しい病院の場合は、各々に合わせた効果的な治療を受けにくい点もあります。

【発毛サロン、ヘアエステサロン】
医療機関ではないので、薬の処方はしてもらえません。頭皮環境を改善したり、血行を促進したりする、マッサージや毛穴洗浄の施術が受けられます。
AGAは男性モルモンに関わる症状なので、直接的な治療にはつながりにくい施術と考えられます。気分転換などの利用としておすすめです。

やはりまずは治療実績が豊富な専門医が在籍するAGAの専門のクリニックを選ぶことが重要です。

治療法で選ぶ

AGA専門クリニックでも、取り扱っている治療法や設備などは異なってきます。
自身のAGAの状態や費用面を含め、効果的な受けたい治療法を取り扱っているクリニックをまずは探してみましょう。

【内服薬治療】
単剤処方治療と言ってプロペシア(フィナステリド)などを服用することによって、男性ホルモンの働きを抑制し抜け毛を予防します。継続的に飲み続けることで効果が期待できる治療法で、医師と相談しながら内服量を決め服用をします。
一般的なAGAクリニックが行っている治療法です。

【アドバンスト発毛治療】
内服薬と外用薬、生活習慣に関する相談などを複合させた、積極的な発毛治療です。
初回は血液検査を実施し、男性ホルモンの数値を参照した上で、一人一人に合わせた内服薬と外用薬を処方してもらえます。定期的な診察と検査で経過を観察し、進行度を把握することが出来ます。

【育毛メソセラピー】
「成長因子」と呼ばれる有効な成分を直接注射器などで頭皮に注入する治療法です。注射針を使う方法と、レーザーなど専用の機器を使う方法に分かれます。
細胞レベルで毛乳頭や毛包を活性化させるので、発毛促進につながるとされています。

【HARG(ハーグ)療法】
再生医療を応用した治療方法です。幹細胞から抽出された成長因子に毛髪再生に必要なビタミンやタンパク質などを配合しHARGカクテルを作成、毛髪の成長を促します。
即効性はなく半年から1年程度かけ発毛を完成させ、注射針・レーザー・医療用ローラーなど医療機関によって注入の仕方は様々です。
育毛メソセラピーは成分を各クリニック独自の考えで変更しているのに対し、HARGカクテルは使用されている成分決められているという点が違いとして挙げられています。

【植毛手術】
発毛治療に対し、直接髪の毛を移植する手術です。
毛母細胞の細胞分裂が見込めず投薬での改善が認められない場合、自身の後頭部や側頭部の毛を毛包ごと採取し薄くなった箇所に移植することが可能です。

将来的に植毛手術を検討してるのであれば、内服薬による治療と植毛手術、どちらも取り扱いのあるクリニックに最初から通うことをおすすめします。
頭皮チェックやカウンセリングの結果で、薬での再生が可能であれば投薬治療、毛母細胞の分裂が見込めない場合は植毛手術を選択することができるからです。

費用で選ぶ

AGAは一度クリニックにいったからすぐ治るということではありません。
継続的に通院治療していくことで効果が得られますので、やはり気になるのは費用のことです。

一般的に病院で受診するときは健康保険が適用される場合がほとんどです。
しかし、AGA治療には保険が適用されません。美容整形と同じ分類に分けられているため、健康保険が適用外ということになっています。

【内服薬治療の費用】
内服薬による治療(プロペシアの処方)は約1か月で10.000円程度です。
上記の金額は薬代のみの金額なので、これに診療費や検査代は別途かかります。
なお、後発医療品のジェネリックを使用するれば、薬代は半分以下に費用を抑えることが可能です。

【アドバンスト治療の費用】
アドバンスト発毛治療に関しては、やはり内服薬と外用薬を併用するので、単剤処方治療に比べ割高にはなります。内服薬による治療費用に外用薬の費用がかかるからです。
クリニックでは約1か月で15.000円から20.000円程度と考えましょう。
市販薬でミノキシジルが配合されている商品があり、10.000円もかからず購入することができますが、成分の違いがあるので、一概には比較できません。

【育毛セラピーの費用】
育毛メソセラピーは注射針を使用するかしないかで費用も異なります。
注射針を使用する場合は70.000円から80.000円、針を使用しない場合は20.000円程度となります。
この治療は注射針やレーザー、また専門の機器などクリニックによって導入されている方法が違うため、育毛メソセラピーを検討されている方は、どんな方法で治療をするのかを確認しておくことが必要になります。

【HARG療法の費用】
HARG療法は1回でおよそ約150,000円ほどかかります。症状によっても異なりますが、6回程度の治療を受けたと仮定すると約900,000円です。
初期費用は高額ですが、長期的にみると発毛の効果が持続するケースが多いので、他の治療に比べ毛髪維持費は5年先の長期スパンで見ると少なくなるケースもあります。

【植毛手術の費用】
植毛手術は基本的な手術費用だけで200,000円から300,000円ほどかかります。これに植毛する本数によってかかる費用が加算されます。

頭頂部や前頭部の植毛で1,000本くらいが平均で、費用は900,000円から1,000,000円。植毛範囲に応じて異なるので、ケースによっては3,000,000円ほどかかる場合もあります。
化学繊維でつくられた人工毛を使う人工毛植毛は260,000円程度と、自毛植毛に比べ費用は抑えられます。しかし米国ではトラブルが多く報告されているので、安全面を確認した上で判断するのが賢明です。

このように、治療方法によって費用は大きく異なります。また同じ治療方法でも、処方内容や使用する機器などによりクリニックごとに金額設定がかわってきます。予算に応じて比較検討しましょう。

安全性、品質を確認する

AGAに限らず、どんな治療もメリットデメリットがあります。それをカウンセリングや診察などできちんと説明してくれるクリニックを選びましょう。

【内服薬による治療】
内服薬による治療方法では、血液検査が有効です。安全な処方のためには血液検査が組み込まれているところを選びましょう。
また、コストを抑えるためにジェネリック医薬品を使用することも可能です。
効果や副作用はほぼ先発品と同じです。ただし、含有する全ての成分が同じというわけではないため、プロペシアとは異なる副作用が起こる可能性もあります。不安がある場合は医師に相談してから処方してもらうといいでしょう。

【育毛セラピーを活用した治療】
育毛メソセラピーに関しては、治療実績が豊富なクリニックを選ぶことが重要になります。
施術は針を毛根に刺していく非常に繊細な技術が必要なものです。施術数が多く、口コミなどで効果が高いクリニックを見つけましょう。

【HARG療法を活用した治療】
HARG療法は幹細胞を取り出し治療を行う、という観点から感染症のリスクも否定できません。
しっかりと検査を行った後に施術しますが、100%安全性を保証しているわけではありません。
最新の治療法なので、症例数が豊富で実績のあるクリニックを選ぶと良いでしょう。

【植毛手術を活用】
植毛手術においては、人工毛植毛では拒絶反応による頭皮の炎症や化膿などのトラブルが考えられます。
自毛植毛であれば100%安全かと言われれば、頭皮がでこぼこしてしまうなどのトラブルもまれにあります。
どちらの植毛手術を選ぶにしても、症例数の多い腕のいいクリニックを探すのが重要です。

また、優良クリニックでは手術における危険性やリスクの説明を必ずしているので、それらの説明はせずにメリットばかりを伝え高額な植毛手術を勧めるところをは避けた方がよさそうです。

通院不要なAGAクリニックもある?

家や職場の近くにAGAクリニックがない、忙しくて通院が困難なため治療がしたくでもできない、そんな方には通院不要で治療が受けられるクリニックもあります。

【遠隔診療を使用して治療を受ける】
初診は基本的には来院診察が必要ですが、それすらも難しい場合はテレビ電話での診察も可能です。
遠隔診療の場合は、スマホなどで自分の頭皮の状態をカメラで撮って、その画像をクリニックに送信し、医師がそれを診ての診断ということになります。

[遠隔診療のメリット]
一番のメリットは、通院の手間がかからないということです。家にいながらにして、薬が処方してもらえるので、手軽な感じではあります。
またAGAクリニックに通院するのを恥ずかしいと感じている患者さんにとっては、病院に出入りする姿を誰にも見られなくてもよく、また他の患者さんと顔を合わせる必要がないのも嬉しいところです。
基本的には内服薬の治療以外ができないので、月々の治療費が抑えられる点もあります。

一方で、もちろんデメリットもあります。

[遠隔診療のデメリット]
遠隔診療なので、直接医師から詳しく頭皮の状態などを診てもらえるわけではありません。マイクロスコープや血液検査など、今の状態を詳しく知ることができないのです。
内服薬のみの治療のため、メソテラピーやHARG療法、植毛手術などを後々希望することになった場合、やはり通常のクリニックでの診察が必要になります。高い効果が期待できる治療法が遠隔診療では受けることができません。
また100%通院不要という確約があるわけではなく、クリニック側が検査などで通院が必要と判断した場合には基本的には従わなくてはなりません。

通院不要なクリニックの場合でも、AGA専門の信頼できるドクターが在籍しているのか、治療実績は豊富なのか、適切な治療費用を提示しているのかなど、確認をしてから選ぶ必要があります。

無料カウンセリングに行ってみる

自分の症状がどのような状態なのか、一体どんな治療法があるのか、また金額はどれくらいかかるのか。
AGAの治療をすると決めても、たくさんの不安や疑問がでてくることでしょう。
そこでおすすめしたいのが無料カウンセリングを利用してみる、ということです。カウンセリングを受けることには様々なメリットがあります。

【無料で専門医と話せる】
通常一般的な病院の診察は、診察料金がかかります。
しかし無料カウンセリングを実施しているクリニックでは診察料がかからず無料で専門医と話せます。
不安や疑問点など直接相談に乗ってもらえるのは心強いですね。

【詳しく治療方法を知ることができる】
インターネットなどで、治療法を調べることは可能です。
ただ、たくさんある情報の中から自分に合う治療方法を探すのは素人にとっては困難でしょう。
専門医から詳しく治療方法を教えてもらえ、疑問点が明確になります。

【治療実績がわかる】
身近でAGA治療をした人がいない場合や話ができない場合、いったいどれほどの効果がでるのか、それも不安要素のひとつでしょう。
クリニックでは実際にAGAを改善した人の症例や治療法を詳細に教えてもらうことができます。
実際の改善例を知ることで、治療の流れや効果がイメージしやすくなります。

【自身の薄毛の状態をみてもらえる】
無料カウンセリングの大きなメリットのひとつに今の自分の状態が見てもらえるということが挙げられます。
マイクロスコープをしようしたり、専門医に実際に頭皮や薄毛の状態をみてもらうことによって、進行の度合いを知ることができます。

【治療と費用と期間について】
実際に髪の状態をみてもらい、効果的である治療方法や費用、またかかるであろう期間などの見積もりを出してもらえます。
自己流で費用などを調べるよりも具体性や正確性が増し、AGA治療がより明確になるでしょう。

実際にクリニックに足を運ぶことで、治療や費用など具体的なことがわかってきます。
ただ中には法外な契約を押し売りする悪徳なクリニックも存在するので、その場で即契約をするのは好ましくはありません。
すぐクリニックを決めるのではなく、無料カウンセリングを複数か所受けたり、一度家に持ち帰り冷静になり判断したりすることをおすすめします。

何故必要? 複数のカウンセリング
複数の無料カウンセリングを受けることには、様々なメリットがあります。

【治療法の比較】
複数の専門医に診てもらうことによって、自分に最適な治療法を見つけることが可能になります。クリニックによって取り扱っている治療法も多かれ少なかれ異なるからです。

AGA専門でもすべてが同じような見解、治療法を提示してくれるわけではありません。
例えば、数カ所で内服薬の治療を勧められたとしたら、自分には内服薬の治療で改善の見込みがあるのではないか、と判断することができます。そして投薬治療費用の安いクリニックを選ぶことができれば、コストを抑えることができます。

【費用の比較】
一か所のクリニックに絞って治療を始めてしまうと、当然ですが費用の比較ができません。
同じ治療内容でも、使用する成分であったり設備の差で費用も若干異なる場合があるため、費用の比較は非常に重要です。

また、初期費用は安く提示されていても長期的にみたら高くなる、またはその逆のパターンもあります。
費用対効果をを念頭に置き、長期でどれくらいかかるのか比較検討をしましょう。

【クリニックや専門医との相性】
AGA治療を続けていくうえで、クリニックは元より専門医との相性も重要になってきます。

説明がわかりやすく丁寧なこと、聞きたいことがきける状態であることがポイントです。
治療を始めるまでに、治療法や費用面などこちらが納得、理解するまで丁寧に説明をしてくれるクリニックであるかということです。リスクやデメリットもきちんと説明してくれるか、というのも判断基準になります。

不安なことや副作用では?効果はでているのだろうか?など聞きたいことがきける専門医であるのかを観察しましょう。
無料カウンセリングの段階で「診てやっている」という横柄な態度や、こちらの不安点疑問点を聞き流す医師は避けた方がよさそうです。

どこが雰囲気がよかったか、どこが通いやすそうな立地にあるか、適正な費用を提示してくれたのはどこかなど、比較するポイントは人それぞれです。
ぜひ複数の無料カウンセリングを受けて比較検討し自分に合う専門クリニックを見つけてみましょう。

悪徳クリニックに注意!

優良なAGAクリニックがたくさんある中、近年トラブルが相次いでいることも否定できない事実です。
昔の訪問販売に始まり、エステや美容整形などの押し売りの波がAGA治療の分野にも及んできているのです。
優良なところと、そうではないところを見分ける3つの注意点があります。

【料金が他に比べ安すぎる】
AGA治療の相場はだいたい決まっています。インターネットで極端に治療費が安い場合は注意しましょう。
インターネット上には記載していない治療費が加算請求されるケースもあります。

安い治療費の宣伝で無料カウンセリングへ誘導し、高額なコースを勧め契約を迫るケースもあります。

【電話問い合わせの対応】
インターネットを見て、料金面で不安や疑問があった場合はまず電話で問い合わせをしてみましょう。
普通のクリニックであれば、料金面でわからないことがあれば細かく教えてくれます。

やたらと無料カウンセリングに来させたがるクリニック、「来てから教えます」などと料金の詳細を電話では教えてくれないクリニックは候補から外した方が無難です。

【すぐに契約させたがる】
通常AGA治療は継続的な通院が必要になりますし、費用も高額になることがほとんどです。
そのため普通のクリニックであれば、他のクリニックとも比較してからよく考えて決めるように言われることがほとんどです。しかし押し売りをするような悪徳クリニックは、すぐ決断をするよう迫ります。

また、不要な誓約書(髪の毛が生えるまで治療を続けます、など)にサインをするよう強要するケースもあります。これは途中で治療をやめないように書かせるためのようです。
AGAの治療内容もクリニックも最終的に決めるのはあくまでも自分自身です。強制的な勧誘や脅迫まがいな言動がクリニック側からあってはなりません。

万が一、AGA悪徳クリニックの脅迫的な勧誘によって契約をしてしまった場合、8日以内であればクーリングオフが適用になる可能性があります。内容証明郵便で業者に対して書面で通知しましょう。
クーリングオフの対象期限が過ぎてしまっていても、泣き寝入りなどせずに消費者生活相談センターへ電話をしてみましょう。相談することによってなんらかの解決策が見つかる場合があるからです。

クリニックごとに取り扱う治療法はもちろん設備や費用も違います。
様々な情報収集や無料カウンセリングなどの経験が理想のクリニックに出会う鍵になるのではないでしょうか。

★薄毛治療は新宿AGAクリニックで無料相談★

記事をシェアする