AGAかどうか調べるには?オススメの方法を解説!

こんにちは!AGAにお悩みの皆様に情報を紹介しています。
今日はAGAかどうか調べる、おすすめの方法についてです。
そもそもAGAって?というかたはこちらへ

 

「なんだか最近髪が薄くなった気がする…」「抜け毛が増えた」そんなとき、多くの男性が真っ先に思い浮かべるのは「AGA」ではないでしょうか。

AGAと言う言葉自体はもちろん、男性型脱毛症の多くは治療で治ることが広く知られるようになり、以前にもまして薄毛に注目が集まっています。男性の薄毛はほとんどが男性型脱毛症ですが、その症状にはいくつかの特徴があるため、AGAかどうかを判断するのは比較的容易です。AGA以外の脱毛症との違いについても押さえておきましょう。

自分が男性型脱毛症かどうか判断するには、次の3つの方法があります。

・セルフチェック
・遺伝子検査キット
・病院での診断

それぞれの特徴やメリット・デメリットなどについて解説して行きます。男性型脱毛症の診断・治療で定評のあるオススメクリニックについてもご紹介しています。

 

自分はAGA?調べるためのポイントとは

まず最初に、自分がAGAかどうか調べるためのポイントについて見てみましょう。
実は、意外なことに、男性型脱毛症は「生え際が何センチ以上後退している」「抜け毛が何本以上」と言った明確な診断基準は定められていません。病院でも、医師が問診と視診の結果から総合的に診断を行っているのが実情です。

男性型脱毛症にはいくつかの特徴的な症状があるため、「自分がAGAかどうか」については、病院に行かなくてもある程度自分自身で判断することができます。
また、多くの人が感じているように、男性型脱毛症は遺伝しやすい傾向があります。つまり、家族に薄毛の人がいるかどうかや遺伝子などを調べることによって、「AGAになりやすいかどうか」についても予想することができるのです。

このように、男性型脱毛症の診断では

・すでにAGAを発症しているかどうか
・将来、なりやすいかどうか

の両面からチェックすることがポイントになります。すでに発症しているかどうかを調べる方法が、セルフチェックと医師の視診、将来の発症リスクを調べるために行われるのが遺伝子検査です。

男性型脱毛症は「ある日突然なる」と言うようなものではなく、気がついたときにはかなり進行していたと言うケースがほとんどです。少しでも早く気づくためにも、男性型脱毛症特有の症状について押さえておきましょう。

【男性型脱毛症の特徴】
男性型脱毛症は、髪の毛の「抜け方」が他の脱毛症とは大きく違っています。男性型脱毛症のハゲ方には、剃り込み部分が後退しM字型になる「M字ハゲ」、額が後退してくる「U字ハゲ」、頭頂部が薄くなる「つむじハゲ」があり、いずれも薄くなるのは生え際や頭頂部で、側頭部や後頭部は薄くなりません。

また、男性型脱毛症は「抜け毛」にも特徴があり、正常な抜け毛の毛根が丸みを帯びているのに対し、毛が全体的に細かったり、毛根が細い・一部または全部が細くとがっていることが多いです。日本人の1日の抜け毛の本数は、通常50本から100本程度だと言われていますが、男性型脱毛症の場合には、髪の毛が成長の途中で抜けてしまうため、抜け毛の本数も多くなります。毎日150本以上抜け毛があると言う場合には、男性型脱毛症の疑いが濃厚です。

【AGA以外の脱毛症】
男性の薄毛は、そのほとんどが男性型脱毛症によるものですが、他の原因で髪の毛が抜ける場合もあるため注意が必要です。次のような症状が見られる場合には、皮膚科を受診することをオススメします。

[円形脱毛症]
突然、10円玉くらいの大きさに髪の毛が抜ける自己免疫疾患です。髪の毛だけでなく眉毛や体毛が抜けることもあります。

[脂漏性脱毛症]
皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こし、髪の毛が抜けるケースです。ホルモンバランスの異常などが原因だと言われています。

[粃糠性脱毛症]
フケが毛穴を塞ぎ、炎症を起こして脱毛が起こります。皮脂の落とし過ぎなどによる頭皮の乾燥が原因です。

[薬物性脱毛症]
薬の副作用で起こる脱毛症です。抗がん剤のほか、リウマチや痛風、てんかんなどの治療薬でも起こる可能性があります。薬が原因なので、使用をやめればもとに戻ることがほとんどです。

AGAのセルフチェック方法とは

次に、AGAをセルフチェックする方法について、見て行きましょう。
男性型脱毛症は、剃り込みや額など「生え際の後退」と「頭頂部が薄くなる」のが特徴です。この他にも、次のような症状が見られる場合には、男性型脱毛症の可能性があります。

【セルフチェックリスト】
1.両親のどちらかが毛が薄い
2.祖父母に薄毛の人がいる
3.思春期以降に毛が薄くなった
4.髪の毛のボリュームが減った
5.髪の毛が以前より細くなった
6.以前より抜け毛が増えた
7.薄毛が徐々に進行している
8.額が徐々に広くなっている
9.頭頂部の毛が薄くなった
10.生え際・頭頂部の両方から薄くなっている

これらの項目のうち、1と2は遺伝的な要因、つまり発症リスクに関するもので、3から10は症状に関するものです。

[当てはまる項目がひとつもない場合]
当てはまる項目がひとつもない場合は、今のところAGAである可能性はありません。今後の発症リスクも低いと言ってよいでしょう。

[遺伝的要因のみ当てはまる場合]
遺伝的要因のみ当てはまる場合には、現在は男性型脱毛症ではないものの、発症リスクはあると言うことになります。定期的にセルフチェックを行うのがオススメです。

[症状に関する項目に当てはまる場合]
症状に関する3から10までの項目のうち、ひとつでも当てはまる場合には、男性型脱毛症の可能性があります。当てはまる項目が多いほど、進行していると考えられるので、治療を考えている場合には、すぐに病院・クリニックを受診することをオススメします。

遺伝的要因を詳しく調べるために

遺伝的要因をさらに詳しく調べるためには、遺伝子検査と言う方法もあります。
AGAの発症には、遺伝的要因が大きく関わっていることはよく知られています。私たちの遺伝子の99.9%は誰でも同じ構造をしており、違いはありません。わずか0.1%の違いが、肌の色や体質などの違いを生み出しているのです。

遺伝子検査は、男性型脱毛症に特有の遺伝子的特徴があるかどうかを見て「AGAになりやすいかどうか」を調べるために行われます。現在、国内で行われている遺伝子検査は、CAGリピート・CGCリピートと呼ばれる男性ホルモン受容体の塩基配列の長さを調べるものが主流です。男性ホルモン受容体の感受性がわかるので、「フィナステリド」と呼ばれる治療薬が効きやすいかどうかも調べることができます。ただし、検査会社により調べる項目や正確性などに違いがあるため、異なる結果が出ることもあり得ます。ひとつの検査の結果が「絶対」ではない点については注意が必要です。

また、検査でわかるのは「発症リスク」で、今現在男性型脱毛症であるかどうかがわかるわけではありません。また、リスクがあるからと言って、必ず脱毛症になるわけではない点についても、理解しておきましょう。

【遺伝子検査の方法】
遺伝子検査には、市販の「遺伝子検査キット」を使う方法と、病院で検査してもらう方法の2種類があります。遺伝子検査キットはインターネットやドラッグストアなどで購入することができ、多くの場合病院で受ける検査より安く済むこともメリットです。

【遺伝子検査キット】
市販の遺伝子検査キットには、検体採取の方法により「スワブ式」「唾液式」の2つの方式があります。「スワブ式」とは、綿棒で口腔内の粘膜をこすり取る方法で、「唾液式」は唾液を容器に入れる方法です。どちらの場合も、採取した検体をサービス会社に送ると、1ヶ月程度で検査結果が送られて来ます。発症リスクだけでなく、シャンプーの方法やオススメの食事などについてアドバイスが受けられることも多いようです。

遺伝子検査キットには、AGAに特化したものと、男性型脱毛症以外の病気や体質などについても調べられるものがあり、検査項目が多いほど料金は高くなる傾向にあります。目的をはっきりさせた上で、自分に合った検査を選ぶのがポイントです。検査結果について詳しい説明が聞きたい場合や、治療を考えている場合には、病院で検査を受けることも検討してみましょう。

薄毛が進行を止める!?病院で診断を受けるのがオススメ

すでに薄毛が進行していて治療を考えている場合には、病院で診断を受けるのがオススメです。
男性型脱毛症の診断・治療が受けられる病院には、次の3つのタイプがあります。

・皮膚科
・大学・総合病院の脱毛症専門外来
・AGA専門クリニック

セルフチェックではAGAかどうか判断できない場合や、他の脱毛症が疑われる場合には、皮膚科を受診するのがよいでしょう。治療を考えている場合には、脱毛症専門外来や専門クリニックの受診がオススメです。

現在、男性型脱毛症には医療保険が適用されません。そのため費用は医療機関ごとに異なり、全額自己負担が原則です。治療方法についても、クリニックごとに違いがあるので、どのような治療が受けられるのか、費用はどれくらいかかるのかについて、事前に調べておく必要があります。

多くのクリニックでは「無料カウンセリング」を行っており、治療方法や費用について、相談することができます。納得できない場合には他のクリニックで無料カウンセリングを受け、比較してみるのもよいでしょう。

【診断の流れ】
男性型脱毛症の診断は、次のような流れで行われます。

[問診]
病院・クリニックでは、まず最初に男性型脱毛症に関わる質問に関する問診票に記入するのが一般的です。問診では、本人の抜け毛・薄毛の状況や、家族に薄毛の人がいるかどうかについて聞かれます。家族歴についての質問があるのは、男性型脱毛症が遺伝しやすい傾向があるためです。問診票に基づいて、医師の問診が行われ、頭髪・頭皮の状況と、全身の健康状態がチェックされます。

[医師の診察]
問診に続いて、医師による診察が行われます。男性型脱毛症の診察は「視診」が中心で、目視または拡大鏡を用いて、直接頭部の状況を確認します。男性型脱毛症の特徴である「剃り込み・額の生え際の後退」「頭頂部の薄毛」が見られるかどうかがポイントです。

診察の段階で、必要に応じ血液検査や血圧測定などの検査が行われることもあります。血液に関する検査が行われるのは、治療を受けることになった場合、治療の前後で数値を比較することで、治療薬が体に及ぼす影響について調べるためです。また、AGAは男性ホルモンが関係しているため、男性ホルモンの量を調べる検査が行われることもあります。

[診断]
問診・視診や検査の結果により、医師が男性型脱毛症かどうかの診断を行います。このとき、脱毛の原因がAGA以外の病気でないかどうかについて、慎重に確認が行われます。

男性型脱毛症は、進行状況により、治療法が異なります。そのため、診断では「男性型脱毛症かどうか」だけでなく、進行の度合いについてもチェックが行われます。男性型脱毛症の進行度は「ノーウッド・ハミルトンの分類」により、7つのステージに分けられ、早い段階では治療の効果が出やすく、進行度が高くなるにつれて治療の効果が出にくくなります。AGAは進行性の脱毛症であるため、治療を考えている場合には、出来るだけ早く病院・クリニックを受診するのがオススメです。

【診断にかかる費用】
男性型脱毛症は自由診療のため、病院・クリニックにより費用は異なりますが、初回の診察料は2,000円から3,000円程度が相場です。血液検査などを行う場合には、検査項目にもよりますが、5,000円から2万円程度がプラスされます。

最初の受診で治療を開始する場合には、治療薬の費用も必要です。飲み薬の場合、処方される薬により違いがあり、プロペシアで6,000円から7,000円程度、ザガーロの場合は10,000円前後が相場です。つまり、初診でも10,000円から30,000円程度の費用がかかると考えておくのがよいでしょう。

AGA診断・治療でオススメの専門クリニック7つ

最後に、AGA診断・治療で口コミなどの評判がよい、オススメの専門クリニックを7つご紹介します。

【銀座総合美容クリニック】
銀座総合美容クリニックは、「銀クリ」の名称で親しまれている港区新橋にある男性型脱毛症・薄毛治療専門病院です。最寄りの東京メトロ新橋駅・JR新橋駅から徒歩1分と駅近で、平日は午後8時、日曜・祝日も午後7時まで診療を行っているので、忙しい方も通いやすいでしょう。

銀座総合美容クリニックの最大の特徴は、患者さん一人ひとりの症状に合った治療を、良心的な価格で提供していることです。情報公開にも力を入れており、公式サイトでは、初診や診察にかかる費用、内服薬やその他治療の料金がすべて明示されているので、費用に関する不安を感じることがありません。

[診断]
まず最初に問診票を記入し、問診票に基づいて、無料カウンセリングが行われます。カウンセリングで脱毛の症状が認められる場合には、治療方法や効果、費用などについて説明が行われ、納得した上で診察・治療に進みます。
診察では頭部の写真撮影や血液検査が行われ、必要に応じて遺伝子検査を行う場合があります。

[治療]
診断の結果に基づき、治療が開始されます。銀座総合美容クリニックの治療は、内服・外用薬治療を基本に、進行の度合いや患者さんの希望に応じて、育毛メソセラピーが行われます。
育毛メソセラピーとは、頭皮の毛根直下に成長因子など発毛・育毛有効成分を直接注射する治療法で、銀座総合美容クリニックでは針を使わない最先端の「ノーニードル育毛メソセラピー」にも対応しています。

【ヘアメディカル】
ヘアメディカルグループは、千代田区丸の内にあるメンズヘルスクリニック東京をはじめ、名古屋・大阪・福岡の発毛治療専門クリニックで構成されているグループです。どのクリニックも主要駅から徒歩5分以内とアクセス抜群で、名前での呼び出しをせず、紙袋などにクリニック名を表示しないなどプライバシーへの配慮が行き届いています。

豊富な症例・実績に基づき、患者さんに必要な治療のみを行い、無駄な高額治療の勧誘などを行わない姿勢と、明快な料金体系で支持されているクリニックです。

[診断]
ヘアメディカルでは、カウンセリングを無料で行っており、相談だけの利用も可能です。カウンセリング後、診察を希望する場合には、頭部の写真撮影と頭髪・頭皮、全身の健康状態の診察が行われます。
治療を希望する場合には、血液検査が行われ、遺伝子検査はオプションとなっています。

[治療]
通常の単剤処方による治療のほか、アドバンスト発毛治療と呼ばれる、患者さん一人ひとりの症状に合わせたオーダーメイド処方の治療を行っています。アドバンスト発毛治療は、単剤処方による治療に比べ費用は高めですが、高い効果が期待できます。積極的な発毛を目指す方にオススメです。

ガーデンクリニック
ガーデンクリニックは池袋院・品川院をはじめ横浜、名古屋、大阪、福岡にクリニックのある男性型脱毛症の専門外来です。いずれのクリニックも駅近にあり、特に池袋院は東京近郊、品川院は地方からも通いやすい場所にあります。お住いの地域にクリニックがないと言う場合には、検討してみましょう。

[診断]
ガーデンクリニックでは、頭皮や毛髪、毛穴の状態などを高解像度のマイクロスコープを使って確認します。血液検査では、肝機能や腎機能などもわかるので、全身の健康状態が把握できるのもメリットです。遺伝子検査は発症リスクだけでなく、治療薬の効きやすさがわかるため、受けることをオススメしています。

[治療]
プロペシアやザガーロと言った一般的なAGA治療薬をはじめ、クリニックオリジナルのタブレットやリキッド、オリジナルカクテルによる発毛メソセラピー、ハーグ療法など多彩な治療を受けられます。
ハーグ療法とは、再生医療を応用した最先端の治療法です。毛髪再生の有効成分やビタミン製剤をブレンドした「ハーグカクテル」を頭皮にダイレクトに注入するため、細胞が活性化され髪の毛の再生が期待できます。一般的な治療法よりさらに積極的な治療を受けたい人にオススメです。

新宿メディカルクリニック
新宿メディカルクリニックは、各線新宿駅から徒歩3分以内とアクセスのよい場所にある完全個室制のクリニックです。医薬品と成長因子注入療法を併用した薄毛治療で注目を集めています。AGA治療で「あんしん全額返金保証」を行っているのは自信の表れだと言ってよいでしょう。

[診断]
カウンセリングでは、マイクロスコープを使った診断と、健康状態のチェックが行われます。カウンセリングは無料なので、気軽に相談してみましょう。治療を希望する場合には、血液検査が行われ、当日中に治療を開始することができるケースもあります。

[治療]
医学的に効果が認められている発毛成長因子を6種類、56種類のビタミン、ミネラル、ペプチドを配合したクリニックオリジナルの成長因子カクテルを、痛みに配慮したノンニードル方式で注入する治療を行っています。医薬品との併用をオススメしているほか、オリジナルのサプリメントや育毛剤などサポート商品も充実しています。ワンランク上の効果を目指す方にオススメします。

【秋葉原中央クリニック】
秋葉原中央クリニックは、上野・秋葉原・錦糸町エリアで人気・満足度1位を獲得したこともある薄毛AGA専門クリニックです。「半年で結果が出る毛髪再生クリニック」をコンセプトに、結果にこだわった治療を適正価格で行っています。アクセスのよい場所にあるため、都内はもちろん、関東全域から多くの患者さんが治療に通っています。

ハーグ療法でノンニードル注入が可能なクリニックとしても有名です。

[診断]
まず最初に医師が問診を行い、その後、毛髪診断士が患者さんと一緒にマイクロスコープで頭髪の状況を一緒に確認します。カウンセリングは無料なので、気軽に相談してみましょう。
秋葉原中央クリニックでは遠隔診療を導入しており、オンラインでの診断も可能です。お住いの地域にクリニックがない人も、治療を受けられる可能性があります。興味のある方は無料の電話相談で問い合わせてみることをオススメします。

[治療]
秋葉原中央クリニックでは、プロペシアやザガーロなどの治療薬、発毛有効成分ミノキシジル・デュタステリドをはじめ馬プラセンタやオキシトシンなどの成分を配合した育毛剤「ドクターゼロ」、ハーグ療法などが受けられます。

ハーグ療法では「メドジェット」と呼ばれる針を使わない注入方式を採用しており、痛みが少ないだけでなく、規定量を均一に注入できるため、高い効果が期待できます。治療時間が短いのもメリットです。

[口コミ1]
“とても良心的で安心して通えるクリニックと感じました。”先生の説明は丁寧で分かりやすかったです。薬も実物が置いてあり見る事が出来て良かったです。また薬の選択肢も多く効果に合わせて変更できるので良いと感じました。
価格設定も良心的な設定のクリニックだと思います。挨拶やお見送りなどきちんと出来ている所も好評かです。”

[口コミ2]
“非常に丁寧だった” “丁寧でわかりやすい対応で満足できました。”

[口コミ3]
“相談者の意志を尊重するセールス第一ではない姿勢” “相手の立場にたったアドバイスで参考になりました。”

[口コミ4]
“自分の毛髪の状態を知れて良かったです。” “親身になってアドバイスしてくれました。”

[口コミ5]
“とても真面目な印象です。誠実さを感じとても良いと思いました。” “スタッフの女性が多いとても綺麗で気になりました。”

[口コミ6]
“過度に勧めることがなく出来る範囲でご検討下さいとの説明がありました。” “とても丁寧かつお客様目線で説明してくれて好印象でした。”

[口コミ7]
“日程の調整にも親切でしたし、好意的でした” “丁寧に説明してくれた割に、手短でわかりやすかった。こちらの思いを尊重している感じが良い。”

[口コミ8]
“予約時間より遅れる説明が遅かったので、新規に対しての意識は低いのかなと感じました。” “電話の予約対応が聞こえてきましたが、雑に感じました。”

横浜中央クリニック
横浜中央クリニックは、横浜駅から徒歩3分とアクセスのよい場所にある毛髪再生医療を行っているクリニックです。院長責任制を採用しており、診断から治療まですべて院長先生に担当してもらえます。
内服薬・塗り薬による薄毛治療のほか、ノンニードル方式によるハーグ療法、LEDライトセラピーや自分自身の血液で毛髪を再生するPRP毛髪再生療法、シャンプー・コンディショナーなど多彩なメニューがあり、毛髪の悩みを総合的に解決できるのが特徴です。

[診断]
診察・カウンセリングは無料で、個室でじっくり時間をかけて院長先生の説明が受けられます。メールでの相談にも無料で対応しているので、メールしてみるのもよいでしょう。

[治療]
横浜中央クリニックは、針を使わないメドジェットによるノーニードル注入によるハーグ療法が受けられる数少ないクリニックのひとつです。ハーグ療法にLEDライトセラピーを併用することで、より高い発毛効果が期待できます。中央クリニック監修のシャンプー・コンディショナーやスカルプヘアエッセンス、細胞の再生や成長を促す「にんにく注射」など、幅広い治療を行っているのも特徴です。

 

自分がAGAだと言うことがわかったら、次に「治療をするかどうか」「どの病院・クリニックで治療するか」を決めなければなりません。治療方法や費用はクリニックごとに違うため、いくつかのクリニックで無料カウンセリングを受けてみて、比較・検討したり費用の相場観を把握するのもひとつの方法です。

また、AGAは他の病気と異なり必ずしも治療しなければならないわけではなく、場合によっては「治療しない」と言う選択をすることもできます。後悔しないためには、効果が実感できるまでにかかる時間・費用などについて十分検討し、納得したうえで決めることがポイントです。

記事をシェアする