AGAで悩む前に、効果的な4つの予防方法について

年をとっても薄毛やハゲにはなりたくない!多くの男性はそんなふうに考えたことがあるのではないでしょうか。加齢とともに毛髪が減ってしまうのは仕方のないことですが、それでもどうにか進行を抑えたいと願ってしまうものです。以前はハゲてしまったのを隠すためにカツラを着用したりする人もいましたが、最近ではその前の段階で対処する人がほとんどです。

実際、薄毛やハゲといったAGAには効果的な予防策がいくつかあります。AGAの症状は放っておいても改善することはありません。放っておけばどんどん進行するだけです。そして気がつけばすっかり薄毛になっていた、ということにならないためにも、早い段階からしっかりと予防することが大切です。

ここではAGAの初期の症状にお悩みの方におおすすめしたい、今日から始めることのできる予防策を紹介していきますので、髪のことで悩んでいる方は是非参考にしてみてください。まずは生活習慣から見直そう!「今はまだ抜け毛もそんなにないし大丈夫だけれど、父親が薄毛だからいつかは自分も同じになってしまうのだろうか」そんな悩みを抱えている人は、若い男性にも多くいます。

薄毛や抜け毛といった目に見えるような目立った症状はないけれど、今のうちからどうにか予防したい!そんなふうに思っているのなら、まずは生活習慣から見直すことが重要です。
生活習慣の乱れは、髪の生え替わりなどのヘアサイクルにも大きな影響があります。生活習慣を見直し、改善していくことでヘアサイクルはもちろん、健康にも良い影響を与えてくれるので、簡単なことから意識して改善していくことが効果的です。

これから紹介していく予防ステップは、日常生活の中で少し気にかけるだけで、誰でも手軽に始めることのできる方法です。毛髪のためにも健康のためにも、是非取り入れてみてください。すべてのことをクリアできなくても、まずはできることから始めるだけでも、大きな一歩になります。

【見直しポイント1】食事、頭皮マッサージ

睡眠体の基本となる食事は、髪にとっても基本となる大切な栄養になります。そのためにもバランスの良い食事を心がけ、中でも髪の成長にとても大切な「たんぱく質」「ビタミンB群」「亜鉛」を多く含んだ食材を食べるようにしましょう。
栄養不足になるような過度なダイエットや偏った食事の内容は避けてください。特に過度な食事制限ダイエットを行うと、体がやせ細っていくのと同様に、髪も細く、短くなってしまいます。

さらに、食事などで摂った栄養素は、血液によって体内に運ばれていきます。もちろん頭皮にも必要な栄養素は運ばれ、毛髪の成長に使われています。
せっかく摂取した栄養素も、血行がよくないと頭皮に十分行き渡らないという状態になってしまいます。そんなことにならない方法としておすすめしたいのが、指で頭皮にほどよい刺激を与えることで血行を促進することができる頭皮マッサージです。マッサージをすることで、毛穴に詰まっている老廃物を取り除くこともできるので、ぜひシャンプーの後などに行ってみてください。

髪にとって、食事だけでなく睡眠もとても大事というのをご存知でしょうか。
髪の毛の新陳代謝は眠っているときにどんどん進んでいます。そのために、睡眠時間が短く睡眠が足りていないとなると、本来必要としている栄養が髪に行き渡らないことも起こりえます。
髪にとって必要な睡眠時間の目安として、6時間以上は寝るといいと言われています。特に、22時から深夜2時の間は髪やお肌にとってのゴールデンタイムです。できるだけこの時間帯に睡眠時間をとれるよう、日頃から意識するようにしましょう。

【見直しポイント2】洗髪

洗髪髪の毛にとって最も気になることと言えば抜け毛ですよね。抜け毛を防ぐためにも、日頃から髪の土台でもある頭皮をケアすることがとても大切です。
頭皮を清潔にしていないと、頭皮トラブルが起こったり、ヘアサイクルが乱れたりしてしまい、抜け毛に繋がる可能性が高くなります。

頭皮を常に清潔な状態でキープにするためも、洗髪は次のように正しい方法で行いましょう。

【自分に合ったシャンプーを選ぼう】

結婚されていたり同棲している場合など、女性と同じシャンプーを使用している方もいると思いますが、頭皮の油分など男性と女性では違います。できるだけ男性用のシャンプーを使用して洗髪するといいです。また、行きつけの美容室や散髪屋さんがあるなら相談してみるのもおすすめです。

【シャンプーは髪の毛よりも頭皮を洗浄するように意識する】

髪の汚れを落とすことよりも頭皮の油分や汚れを落とすことを意識して洗髪しましょう。

【爪を立てて頭皮を強くこすらない】

ついつい強くこすりたくなるのですが、頭皮が傷ついてしまうので気を付けましょう。爪を立ててゴシゴシ洗うのはもってのほかです。どうしても爪を立ててしまう人は、男性用のシャンプーブラシを使用するという方法もあります。

【しっかりすすぐ】

丁寧に洗髪してもシャンプーが残っているようでは、かゆみや雑菌の繁殖の原因になり、頭皮がダメージを受けてしまいます。シャワーであれば2、3分流し続けるくらいしっかりとすすぎましょう。

【タオルだけでなくドライヤーでしっかりと乾かす】

濡れている髪の毛は、キューティクルが開いて痛みやすい状態になっています。タオルドライの際には、髪同士を擦り付けないよう意識して優しく行ないます。タオルドライの後にドライヤーで頭皮までしっかりと乾かしましょう。その際、ドライヤーを近づけすぎると熱で髪の毛がダメージを受けてしまうので、20センチほど離す必要があります。

【見直しポイント3】ストレスの発散と有酸素運動

体はとても正直です。自分では大丈夫だと思っていても疲れやストレスが溜まっていると体に不調をきたしてきます。髪にとってもストレスは大敵です。過度なストレスを受けることによって、血管が収縮してしまい、血の巡りが悪くなってしまいます。そのため髪への栄養が過度に不足すればAGAの原因になってしまう可能性もあります。

そういったことにならないためためにも、できる限りリフレッシュして日頃からストレスを溜め込まないように発散するようにしましょう。
AGAの改善に直接的な影響はないという調査もありますが、生活習慣の見直しやストレスの発散をかねて行ってみるのも良いのではないでしょうか?

ストレスの発散方法として特におすすめしたいのが運動です。中でも有酸素運動は血行をよくしてくれます。

有酸素運動の中でもおすすめな運動

・ショギングやウォーキング
・水泳や水中ウォーキング
・サイクリング
・ヨガやエアロビクス

激しい運動でなくてもいいので、継続することも大切です。健康に良く、疲労回復のためにも効果があるため、これを機に軽い有酸素運動を始めてみるといいでしょう。

【見直しポイント4】飲酒・喫煙を控える

AGAの予防には飲酒や喫煙を控えることも大切です。まずお酒の飲み過ぎがどうしてダメなのかというと、アルコールを大量に摂取してしまうことで、髪の毛の主成分でもあるケラチンをつくるためのアミノ酸が奪われてしまうからです。また、血行不良になることもあり、髪への栄養が十分に行き渡らない可能性もあります。その他にもビタミンB2が不足してしまい、皮脂を過剰に分泌させてしまうことによりヘアサイクルが乱れてしまいます。

喫煙に関しては、できれば禁煙することをおすすめします。「百害あって一利なし」と言われるように、体だけでなく毛髪にも影響があるのです。具体的に説明すると、ニコチンよって毛細血管が収縮するので、栄養素が髪に行き渡りません。また喫煙することによって、髪の生成には必要不可欠なビタミンCが大量に消費されてしまいます。栄養素以外にも頭皮や毛髪が老化してしまう原因でもある活性酸素を作り出してしまうので、喫煙は髪にとって大敵なのです。

飲酒や喫煙は依存性も高いので、どうしても自力でやめることができない場合には摂取量を抑えたり、禁煙外来などを受診することをおすすめします。できることから初めてみよう!日常生活を見直してみると、健康に良いことは頭髪にも良いということが分かったのではないでしょうか。逆に言えば、健康に良くないことを意識してやめてみることで、AGAの予防にもつながります。すべてのことをクリアできなくても、まずはできることから始めるだけでも、何もしないよりも大きな一歩になります。

体の健康と髪の健康を意識して生活することで生活習慣を改善することができます。今はまだ症状が現れていないけれど将来が不安だと思っている人や、昔に比べると少し薄毛になってきたかな?と思っている人はぜひ積極的に生活習慣を見直してみましょう。

それでも、やっぱりまだ不安だという人には、育毛剤や発毛薬を使った本格的な対策をおすすめします。実際に抜け毛が気になり始めた人は、生活習慣の改善と同時に育毛活動や発毛活動を行っています。

それでも不安な方に

まずは育毛剤を使ってみよう!

AGAの場合、まずは手軽に育毛剤で予防している方が多くいらっしゃいます。育毛シャンプーが一般のシャンプーと異なる点は、含まれている成分になります。
一般のシャンプーと異なり頭皮に刺激を与える成分をあまり含んでおらず、頭皮環境を整える効果があります。女性用シャンプーでもノンシリコンなどが人気を集めていますが、男性の頭皮も同様にノンシリコンはおすすめです。
市販の育毛剤にはその他にも殺菌成分が含まれているようなものもあり、フケなどを予防する効果もあります。

近年ではドラッグストアやネットなどでも手軽に購入することができることから、まずは育毛剤を使って育毛活動を行う人がほとんどです。

チェックしておきたいのは下記2つのポイントです。

・低刺激であるか
・ノンシリコンであるか

育毛剤は様々なメーカーから販売されているので、購入する際は効果が認められている成分が入っているのかなどもしっかりと確認してから購入すると良いでしょう。ネットなどでは購入者の口コミなども見ることができるので、参考程度に見てみるのも選択方法の一つです。ただし、すべての購入者が自分と同じような髪の状態ではないので、鵜呑みにしすぎないことも大切です。

進行が進んできたら発毛剤も効果的!

発毛活動とは、発毛剤を使用して新しい毛を生やすことを目的とした方法になります。
発毛剤は育毛剤とは大きく異なります。薬剤師のいるドラッグストアなどで購入することができる医薬品を使用するか、病院やAGA専門のクリニックなどで処方してもらう治療薬を内服する方法になります。

手軽に購入することができる育毛剤との違いは、AGA治療に効果があると認められている商品であることが大前提にあります。医薬品なので、副作用のリスクもあります。現在日本で、薬剤師がいるドラッグストアなど市販で購入できる発毛剤はいくつかあります。副作用のリスクを考慮して、用法用量をしっかりと守ることが重要です。

AGA治療を行っている医療機関を受診すれば、発毛薬を処方してもらうことができます。よく処方されているのはプロペシアやザガーロです。これらは保険適用外になるので金銭面でも注意が必要です。ただ、AGA治療を行っている医療機関で処方してもらえるので、専門的な情報を教えてもらえたり、副作用など万が一の場合にも安心感があります。

育毛剤で進行を抑えることができなかった場合などには、自分だけで判断せずに一度専門の医療機関を受診してみてはいかがでしょうか。髪を健康的に保つためには、体が健康でなければいけません。薄毛やハゲになりたくない、何かしないといけないけれど、何から始めればいいのか分からないと悩んでいるのであれば、まずは生活習慣を見直すことから始めてみてはいかがでしょうか。

もちろん、育毛活動や発毛活動を行いながらも、紹介した予防ステップを同時に実践することでよりよい効果が期待できます。無理をしてすぐに辞めてしまっては効果がないので、将来の自分の髪の毛のために、無理のない範囲でできそうなことから改善し、継続することが大切です。

自分だけでは継続するのが難しいという方は、家族や友人、会社の同僚などにも協力してもらうのも効果的です。「AGA予防のために協力して欲しい」などと言わなくても、「健康のために」と一言伝えるだけで十分です。髪にいいことは健康にもいいことばかりなので、恥ずかしがらずに積極的に実践していってください。
まだ大丈夫だろうと何もしなければ、AGAの症状は確実に進行していきます。そうなってから後悔しないためにも、早速今日からできる事を始めてみませんか。

記事をシェアする