AGAの治療費用を抑えるポイントとは

男性とは切っても切れない悩みが「ハゲ」と言われる薄毛の悩みです。何となく髪が薄くなった気がしたり、シャワー時にごっそり髪が抜け落ちたりすると不安になりますが、メカニズムを知っていれば対策が可能です。
ここでは、新たな国民病とも言われる「AGA」について、治療方法とそれにかかる費用を抑える方法を考えていきます。

【AGAって?原因や特徴を知っておこう!】

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略です。男性型脱毛症とも言われるもので、髪の生え際が後退したり、頭頂部の毛が減ったりといった症状が出るのが一般的です。現在、日本では男性の3人に1人がAGAとされる薄毛に悩んでいると言われています。

AGAのお悩みに関する更に詳しいページはこちら

原因として考えられること

原因については、一般的には男性ホルモンの影響とされています。

「テストステロン」という男性ホルモンが、「5αリダクターゼⅡ型」と呼ばれる血中の酵素と結合して「悪玉男性ホルモンDHT」が生成されます。この悪玉男性ホルモンDHTがAGAの原因と言われています。
さらに、悪玉男性ホルモンDHTはヘアサイクルにも悪影響を及ぼします。毛根部にある受容体と結合して脱毛物質を生成し、成長途中の毛髪を脱毛させてしまいます。

ほかの脱毛症との違いとは

ひとくちに薄毛と言っても、円形に一部分だけ髪が抜ける円形脱毛症や、髪をひっぱることで髪が薄くなる牽引性脱毛症などがあります。

AGAはそれらの脱毛症と違い、髪の生え際と頭頂部に存在する受容体と結合するため、「症状が起きるのは生え際と頭頂部のみ」という特徴があります。
また、放っておくと徐々に症状がひどくなる「進行形」というのも異なるポイントです。AGAは早めの治療がおすすめ!前述した通り、AGAは進行形の薄毛です。そのため、治療などの対応が遅れるほど回復が難しく、時間がかかるようになります。
しかし、初期症状であれば育毛剤などでの対策も可能で、病院で治療を受ける場合も、費用を抑えることが可能です。

実は人間が一生でおこなうヘアサイクルには限りがあると言われています。毛髪は、成長期から退行期、休止期を繰り返していますが、AGAになると成長期が大幅に短縮されるため、薄毛につながるというメカニズムです。健康的な毛髪であれば成長期は4年から6年程度はありますが、AGAを発症すると、成長期が1年から1年半ほどになってしまうとされているのです。

このヘアサイクルが終わってしまうと、あとは植毛に頼ることとなります。植毛もに比べると技術も高まっていますが、費用が高額になるのが最大のネックです。こうなる前にほかの手段で対策するのが望ましいでしょう。
放置してしまうと進行してしまうため、少しでも髪に違和感を感じたらすぐに対策に取り組むことをおすすめします。

AGAの進行レベルに関して

一昔前までは、薄毛は仕方ないものだと考えられてきましたし、対処の方法も限られていました。しかし、毛包さえあれば治療は可能です。

【治療の方法と費用の目安について】

治療には、いくつかの方法があります。それぞれ費用の目安と合わせて紹介します。

飲み薬による治療

一般的によく使われるのが「プロぺシア」という薬で、フィナステリドを有効成分としているものです。費用の相場は、28錠、約1か月分で7千円から1万円程度と言われています。

発毛注射による治療

ミノキシジル、フィナステリド、プラセンタなど発毛効果のある成分を混ぜ、頭皮に直接注入します。発毛に有効な成分を直接注射するため高確率で吸収されて発毛します。費用の相場は、1回1万円から4万円程度です。

植毛について

先にも述べた毛を直接植える、植毛という治療は1本あたりの費用が300円から1千円程度で、仮に1,000本植毛した場合は30万円から100万円程度となります。
植毛の範囲が広いと、3,000本で考えて150万円ほどの費用がかかるケースも考えられます。

基本的に治療の際、健康保険を適用することができませんので、症状と予算とを照らし合わせて治療方法を選んで進めていくようになります。治療費の基礎知識先ほども少し触れましたが、治療費を考えるにあたって知っておきたいのは、「健康保険は適用されない」ということです。

例えば風邪をひいて病院にかかると、健康保険が適用されるため何割かの自己負担で済みます。しかし、発毛治療などAGAの治療方法は厚生労働省が定めた規定に含まれていないため、保険の適用外となってしまいます。
ただし、AGAの治療は基本的に医療費控除を使えませんが、例外として控除を受けられる場合もあります。

【医療費控除を使えるケース】

・精神的な理由で脱毛した
・他疾病の影響から脱毛した

これらが税務署に認められた場合に限り、医療費控除を使うことが可能です。

また、一例として、家族全員のAGA治療診察費や薬代の合計が年間10万円以上になる場合、税金分が返金されることがあります。該当する場合は、税務署への相談をおすすめします。通院治療を考えよう!一般病院でも治療は可能通院治療をおこなう場合、病院は大きく分けて2種類あります。AGA治療を専門とする専門病院と、皮膚科などAGAを専門としない一般病院です。

一般病院でも治療自体を受けることは可能です。ただし、AGA治療を専門とする医師がおらず、設備もそれほど整ってはいないため、踏み込んだ治療は望めません。
一般病院の場合は然程費用はかかりませんが、基本的な診察後に治療薬を処方されるケースが多くなります。風邪をひいて病院に行き、診察されて薬が処方されるイメージを想像すると分かりやすいでしょう。

【一般病院のメリットとデメリット】

一般病院ならではのメリット

・費用が専門病院よりも安い
・通院の間隔が長い

一般病院での主な治療法はプロペシアの処方のみが多いです。プロペシアはAGAの進行を抑える効果はありますが、発毛効果はありません。プロペシアを入手が目的であれば、費用が安い分、一般病院で処方してもらうといいでしょう。

一般病院ならではのデメリット

・詳しい検査がない
・治療薬の種類が少ない
・効果判定が難しい

そもそも、一般病院は発毛ではなく現状維持を目的としているため、薄毛の進行が初期であるとか、進行を抑えたいだけであれば一般病院でも問題ないでしょう。AGA専門病院に通うなら?先にも述べたように、簡単な治療であれば一般病院でも治療を受けられます。しかし、専門病院であればAGA治療に精通した医師がおり、症例数も豊富にあるため、より効果的な治療が期待できます。

専門病院のメリット

・時間経過とともに自身の発毛を確認できる
・患者ごとに適した治療を受けられる
・AGA治療を専門にしているため安心
・割引や無料カウンセリングがあるところも

投薬治療で言えば、一般的に処方されるフィナステリドだけではなく、ミノキシジルやザガーロなど複数の中から、患者ごとに最適な薬を処方してもらえるうえ、治療薬の効果向上につながるビタミン剤なども一緒に処方されることがあります。
また、病院自体が患者のプライバシーに最大限配慮した作りになっていたり、アクセス良好な立地が多いのも専門病院の特徴と言えるでしょう。

専門病院のデメリット

・費用が一般病院よりも高い
・通院が多くなりがち

専門的な治療が受けられる分、費用面で負担が増えてしまうのは仕方のないことかもしれません。
通院に関しては症状や自身のスケジュールを鑑みて調整していくことが必要となります。

【徹底比較!一般病院と専門病院、費用はどの程度違う?】

一般病院と専門病院のメリット・デメリットで挙げたように、通院にかかる費用は大きく異なってきます。
あくまで目安にはなりますが、1か月でかかる費用として、一般病院が1万円から1万5千円程度、専門病院が約1万5千円から3万円程度と言われています。専門病院は一般病院の2倍ほど費用が必要である、と認識しておきましょう。

では、費用差がつく理由を詳しく見ていきます。
専門病院では、治療前に血液検査などをおこない、患者の状態を把握したうえで個人に適した薬を処方してもらえます。検査もマイクロスコープなど専門の機器を使用し、頭皮のコンディションを詳細に確認して、より効果が高まるような対策をとることが可能です。また、治療前に無料カウンセリングをしてくれるところも多く、丁寧な治療が受けられる点が魅力です。

対して、一般病院の場合は、簡単な問診と治療薬の処方で終わるケースがほとんどです。処方される薬も基本的にはプロペシアだけで、受診回数も3か月に一回ペースの場合が多いようです。
こういった理由で、専門病院と比べると半分程度には費用を抑えることが可能となります。

以上、専門病院と一般病院の費用に開きがある理由を見てきました。

治療内容の違いなどが原因ですが、根本には、専門病院は発毛を目的としているのに対し、一般病院はAGAの進行抑制を目的としているという事情があります。どちらを選ぶかは、自身の症状や予算によって総合的に判断する必要があるでしょう。費用を抑えるなら、通院しない治療も専門病院に比べて一般病院のほうが安いとは言え、そもそも通院できるだけの費用がないという場合は、在宅での治療もできなくはありません。
ただし、自己責任となってくる部分が大きいため、確実性がある治療にはならないことを念頭においた上で検討してください。

【ジェネリック医薬品でさらに安く】

ジェネリック医薬品という言葉を聞いたことはないでしょうか。後発医薬品とも言われ、新薬(先発医薬品)の特許が切れたあとに新薬と同じ有効成分で販売される低価格の薬のことです。「ジェネリック」には「一般的な」という意味があり、一般的に広く使用され、効能や安全性が確立された医薬品を差します。

前述した治療薬プロペシアにもジェネリック医薬品があり、正規品の半額程度で購入することができます。2千円台から3千円台が目安となります。
確実な医薬品を購入するには少なくとも一度は通院し、医師へ相談した上で購入することがおすすめです。

判断が不安であれば、多少費用が上がっても認可済みの薬を買うのが望ましいですが、最終的には予算との兼ね合いで検討してください。

【遠隔診療という手も】

規制が緩和されたことにより、最近は遠隔診療を始める専門病院が増えてきています。
通院したくても圏内に専門病院がなかったり、通院する時間が無い人は検討してもいいかもしれません。

【海外から個人輸入する】

この2点以外にも、治療薬を海外から個人輸入するという方法もあります。
治療薬プロペシアは医師による処方が必要で、保険適用外のため全額が自己負担になります。しかし、海外の通信販売サイトでは、病院で処方される半額程度で販売されています。治療薬にかかる費用を抑えるために、海外製品を個人輸入しているケースもあるようです。
輸入先にもよりますが、1箱28錠でだいたい4千円台から6千円台で手に入れることができます。

この場合は、当然ながらすべて自己責任でおこなう必要があります。病院で入手する場合は、医師によって正しい種類で適切な量が処方され、薬も日本が認可した物のみのため、安心して薬を飲むことが可能です。
個人輸入の場合はそれらが保証されておらず、すべて自分でしっかりと調べたうえで購入しなければなりません。

安全に確実に治療をするのであれば、やはり病院へ通院した上での治療をおすすめします。費用を抑えたい!その場合も実は通院がお得?ここまで、病院への通院と在宅での治療について、内容とかかる費用を見てきました。
予算との兼ね合いもありますが、通信販売で薬を買うよりは、病院で医師の指導にもとづいて治療することをおすすめします。

理由はやはりリスクの差です。例えば、通信販売で買った薬で問題が起き、それをカバーするためさらに薬を追加購入しなければならなくなってしまうと、結局は病院代と変わらないといったケースもありえます。専門病院も一般病院も、通信販売よりは費用がかかりますが、「医師による処方」という安心を買っていると考えましょう。

【通信販売との併用という手も】

それでも、どうしてもできるだけ安く済ませたい場合は、通信販売との併用をする手もあります。専門病院への通院後、処方された薬で効果が出ることが確認できてから、個人輸入に切り替えて薬を入手するという方法です。

AGA治療にはある程度長い期間がかかるため、自分で見極めるのは難しいですが、最初に医師にかかっているわけですから、すべてを自分で判断する必要はありません。医師にも相談しつつ、自分にとって最適な治療を進めていきましょう。AGAの治療には、根気はもちろん、やはりどうしても治療にかかる費用の問題が出てきます。
しかし、しっかりと治すことを考えるのであれば、懐事情に相談しつつもある程度の費用感を見ておく必要はあります。

AGAは対策できますので、諦めてはいけません。症状には個人差がありますから人によって治療方法も変わってきます。予算と照らし合わせて薄毛治療を進めていきましょう。

記事をシェアする