AGAの原因を正しく知ってしっかり予防を!

こんにちは!AGAにお悩みの皆様に情報を紹介しています。
今日はAGAの原因を正しく知ることで予防をするための情報をお伝えします。
そもそもAGAって?というかたはこちらへ

続きを読む

show less

 

男性なら誰しもが気になる「薄毛」について、正しい知識をお持ちでしょうか。ひとくちに薄毛と言っても、AGAや円形脱毛症などさまざまな症状がありそれぞれ対処法は異なります。ここでは、AGAに関する正しい知識と予防を考えていきます。
AGAの症状AGAとは「男性型脱毛症」のことで、「Androgenetic Alopecia」の略称です。男性型という名の通り、男性ホルモンが深く影響している症状で、男性の薄毛の約9割がAGAとも言われています。

AGAになると、前頭部の生え際や頭頂部の毛髪が成長途中で抜けてしまいます。毛髪が成長できなくなるため、同箇所には短くて細い毛が増え、結果的に薄く見えてしまいます。

薄くなる箇所によって、
・生え際の両サイドから進行するM字
・頭頂部から進行するO字
・額の上部から進行するU字
この3つに分けられます。

特徴として、側頭部や後頭部は薄くなりません。症状が進むと、最終的には発生箇所が産毛のように細い毛になり、地肌が目立つようになります。AGAの原因とメカニズム男性ホルモンが深く影響しているとはいえ、男性ホルモンイコールAGAの原因ではありません。

「テストステロン」という男性ホルモンには、筋肉量を増やしたり、性欲を増進させたりという働きがありますが、直接脱毛を促進する作用はありません。しかし、頭皮に存在する「5α-リダクターゼ」という酵素と出合うと、テストステロンがジヒドロテストステロンとも呼ばれるDHTという強力な男性ホルモンに変化します。このDHTの働きが問題なのです。

【髪が抜け落ちるまでの仕組み】
生成されたDHTは、細胞に存在する受容体と結合して、脱毛のシグナルを伝達する「TGF-β」を増やします。
その増えたTGF-βは、「FGF-5」に脱毛のシグナルを伝達します。「FGF-5」とは線維芽細胞増殖因子とも呼ばれる細胞の分裂を促進するタンパク質のことで、シグナルを受けた「FGF-5」は、次に生えてくる毛のために、健康な髪の毛に抜けるように指令を出します。
その結果として、毛髪の成長期が大幅に短縮され、成長途中にもかかわらず抜け落ち、ヘアサイクルが乱れます。

つまり、DHTは諸悪の根源と言えども、脱毛に直接作用しているのではありません。「FGF-5」が脱毛の指令を出すよう、シグナルを伝達するためのTGF-βを増やしているのです。これがAGA進行の仕組みです。

【薄毛の進行に個人差がある理由】
先に見てきたように、AGAには男性ホルモンのテストステロンが深く関わっています。しかし、テストステロンはすべての男性に存在しているにもかかわらず、薄毛の進行に個人差が見られるのはなぜでしょうか。
それには、5α-リダクターゼの活性度・アンドロゲンレセプターの感受性、この二つの要因があります。

「5α-リダクターゼ」の活性が高い人は薄毛になりやすいと考えられます。

また、アンドロゲンレセプターの感受性にも個人差があります。AGAは、毛乳頭に存在するアンドロゲンレセプターというホルモン受容体にDHTが反応して起こるため、この受容体の感度が高い人ほど影響を受けやすいと考えられます。

【間接的な原因もある】
5α-リダクターゼの活性具合とアンドロゲンレセプターの感受性が先天的な原因とすれば、後天的な原因としてあげられるのは生活習慣や食事などです。

・食生活が偏る
・睡眠不足
・ストレスをためる
毛髪も体の一部分ですから、こういった不規則な生活をしていれば弱ってしまいます。これらが原因となって薄毛の進行を早めたり、ホルモンバランスの乱れを引き起こしてAGAに影響するといったことも考えられます。これらの原因には常に留意し、規則正しい生活を送るよう心がけましょう。

【AGAは遺伝する?】
「禿げは遺伝する」という俗説がありますが、AGAの場合はどうなのでしょうか。
結論から言うと、AGAは遺伝しません。しかし「薄毛になりやすい体質」が遺伝します。その体質とは、「5α-リダクターゼの酵素活性」と「アンドロゲンレセプターの感受性」です。

5α-リダクターゼの活性度は、父方も母方も区別なく両親から遺伝しますので、どちらかにAGAの人がいれば遺伝する可能性があります。アンドロゲンレセプターの感受性は、遺伝子の関係で母方から受け継ぐと考えられています。

要するに、父方、母方いずれかの家系に薄毛の人がいれば安心できないということです。親が薄毛だからといって遺伝するとは限らず、親が薄毛でなくてもなりやすい遺伝子を持っている可能性はあります。AGAのチェック方法自分がAGAかどうかをチェックする方法としては、遺伝子検査キットを利用したり、専門サロンや専門病院での無料ヘアチェック、無料カウンセリングを受けるなどが考えられます。

これらの本格的なチェックではなく、次に述べる自覚症状でもある程度は目処がつけられるため、思い当たったら注意が必要かもしれません。

【代表的な初期症状】
・地肌が透けて見える
・抜け毛が増えた
・毛が細く、やわらかくなった
・セットしづらくなった
・髪が伸びにくい
などが挙げられます。

お風呂上がりなど、水に濡れたり光に当たったりしたときに地肌が透けて見える感覚はないでしょうか。その場所が前頭部や頭頂部であれば要注意です。

抜け毛に関しては、起床時のベッド、ヘアブラシで髪をとかすときなどが気づきやすいタイミングです。頭皮が健康な人でも一日に50本から100本は抜けるとされ、春や秋にかけては増えると言われているため、抜け毛自体に問題があるわけではありません。しかし、明らかに以前より増えたようなら疑ってみるべきでしょう。また、抜け毛が細くて短い場合も怪しいです。

ほかにも、薄毛が気になる部分の毛や抜け毛が軟毛であれば注意が必要ですし、以前と比べてセットしづらくなった、髪が伸びにくくなったなどは自覚しやすいでしょう。こういった症状が見られるようであれば、対策に取り組むことが必要です。AGAを予防するために発症していれば治療が必要ですが、そもそも発症させないためにも予防を心がけたいものです。ここでは予防について考えていきます。

【食事を見直す】
食事に含まれる栄養素は、体と同様に毛髪や頭皮にも影響を及ぼすため、食事に気をつけることは予防に有効です。

髪に含まれる主要な成分は「ケラチン」と呼ばれるたんぱく質の一種です。髪にはたんぱく質が非常に重要で、食事によって十分に摂取しないと健康な髪は育ちません。よく知られるように、たんぱく質は魚や肉、卵や豆製品に多く含まれているため、これらは毎回の食事に取り入れたいものです。
ただし、肉にはたんぱく質以外に動物性脂肪も多く含まれています。これを過剰に摂取すると、高コレステロール血症などの原因となって血管に悪影響を及ぼし、栄養分が頭皮まで行き届かないという結果にもなりかねません。肉はささみなど脂肪分が少ないものを選ぶと良いでしょう。

レバーや魚介、海藻類に多く含まれる「亜鉛」も、ホルモンの生成と活性化に作用する重要な成分です。さらに、5α-リダクターゼの働きを阻害する作用もあり、実際に多くの育毛アイテムにも含有されています。ほか、肉や魚、にんにくに多く含まれる「ビタミンB6」も積極的に摂取したいところです。

なお、毎日の食事で欠かさずこれらを食べるとなると、さすがに難しいと思います。そんな場合は、不足した栄養分をサプリメントで代用しても問題はありません。ドラッグストアや通信販売で簡単に入手可能です。

以上のように、食事には気を付けましょう。注意したいのは、これらを食べれば直接的に予防できるわけではないということです。健康のためバランスよく食べて、結果的に毛髪にもいい影響を与えるという意識で取り組むと良いでしょう。

【睡眠時間を見直す】
体の成長と同じく、髪の成長には成長ホルモンが影響しています。これは睡眠中に分泌されるため、髪を成長させるためには十分な睡眠時間が必要となります。特に、深い眠りの「ノンレム睡眠」時に分泌されやすいため、寝る直前の食事を避けたり、就寝前にストレッチをしたりと深い睡眠を得られるよう心がけましょう。

【ストレスを改善する】
忙しい現代人とは切っても切れない「ストレス」は、体にも髪にも悪影響を及ぼします。主に仕事が原因になりますが、ストレスにさらされると自律神経が乱れ、ホルモンバランスが崩れて体全体に不調をきたします。このような状態での生活が続くと、代謝障害や血行不良も現れ、毛髪にも影響が出てしまうおそれがあります。
改善のためには、十分に休んだり趣味に時間を費やしたりが一番いいのですが、忙しい日々が続くとなかなかそうも言っていられません。そこで、手軽にできるストレス改善法として「腹式呼吸」があげられます。
腹式呼吸とは息を吸う際にお腹がふくらむ深い呼吸のことで、これをすると副交感神経が優位になり、気持ちが落ち着くとされています。趣味や休息の時間がとれないときなどは、手軽にできるため試してみると良いでしょう。

【お酒とたばこの量を減らす】
お酒とたばこが体に及ぼす悪影響はよく知られるところですが、やはり毛髪にも同様に悪い影響を及ぼします。

お酒を飲みすぎると、頭皮の皮脂量が過剰になるおそれがあります。こうなると細菌感染を起こしたりと頭皮の環境悪化につながります。また、肝機能も低下します。肝臓はたんぱく質を生成するため、ここの働きがにぶくなると、髪に必要な栄養素であるたんぱく質の不足につながります。
とは言え、まったく飲んではいけないわけでもなく、適量であれば問題はありません。適量の飲酒であれば血行がよくなり、逆に髪によい影響も期待できます。

たばこについては、血管の収縮を招くため栄養分が頭皮に届かなくなり、育毛に悪影響を及ぼすおそれがあります。喫煙するのはニコチンの依存性が原因であり、禁煙するのはつらいですが、毛髪のためにもやめることをおすすめします。

【育毛剤を使用する】
育毛剤は治療薬ではないため、劇的な効果が見込めるものではなく、すでにAGAが進行していると効果は期待しづらいです。しかし、予防の観点からは育毛剤の使用も有効です。
さまざまな育毛剤があり、選ぶのは難しいと思われがちですが、「AGA育毛剤」しか効果は期待できません。

育毛剤に必要な成分は、5αリダクターゼの働きを阻害して「DHT」の生成を抑制する成分、脱毛の司令塔である「FGF-5」の働きを抑制する成分の二つです。
具体的には、
・オウゴンエキス
・ヒオウギエキス
・ノコギリヤシ
・M-034エキス
などが含まれているものを選びましょう。AGAを治療する正しい知識をつけて予防に取り組んだにもかかわらず、AGAになってしまったら、なるべく早く治療に取り組みましょう。進行性のため放っておくと悪化する一方です。

最も有効と考えられているのは、プロペシアを始めとする「AGA治療薬」です。塗り薬もありますが一般的なのは内服薬で、特に「フィナステリド系」は副作用のリスクが低く、高い効果が期待できるためおすすめです。治療薬は病院やクリニックで処方してもらえます。

なお、治療薬については、クリニックにかからず個人輸入でも入手可能ではあります。しかし、副作用の心配や、配合成分が不明なケースもあり安全性には不安があります。そう考えると、やはり正規品をクリニックで処方してもらうのがいいでしょう。

【クリニック選びの注意点】
・通いやすさ
・信頼性
・費用
を意識して選ぶようにしましょう。

店舗数が多かったり立地がよかったりするクリニックは通いやすいです。また、AGAを専門に治療するクリニックは、在籍している医師の専門性が高く、高度な治療が期待できます。費用に関しても、無料カウンセリングを実施しているクリニックを選ぶようにすれば安心です。

これらの条件を踏まえて、自分に合ったクリニックを探してみてください。予防と言っても方法はたくさんありますが、基本的には適切な栄養をしっかりとって規則正しい生活を送ることです。毛髪だけではなく、ひいては体の健康にもつながるため、ダイエットなどほかの目的と合わせて取り組んでも良いでしょう。今回紹介したことを参考にして、生活の改善に取り組み、健康な体と頭髪を手に入れましょう。

記事をシェアする