AGAはクリニックでの治療がおすすめ!

こんにちは!AGAにお悩みの皆様に情報を紹介しています。
今日はAGAのクリニックでの治療ををおすすめします。
そもそもAGAって?というかたはこちらへ

新たな国民病:AGA

髪が薄くなったり、抜け毛が増えてきたりといった髪の悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
「禿げ」とひとくくりにされがちではありますがそんな単純な話ではなく、薄毛で悩む男性のほとんどはAGAだと言われており、近年では対策や治療方法も確立されてきています。ここでは、新たな国民病とも言われるAGAについて説明していきます。
AGAとは何なのか?髪の生え際がM字型に後退したり、頭頂部の毛量が減ったりしてくるのは、AGAによる抜け毛と考えられます。AGAとは「Androgenetic Alopecia」の略称で、男性型脱毛症とも言われています。

AGAとほかの脱毛症の違い

生え際と頭頂部のみ抜ける・進行形

よく知られる円形脱毛症の症例は、10円玉のような形状で一部分のみ抜けるのが特徴です。ほかにも、牽引性脱毛症と言われるものは、髪をひっぱると前髪が薄くなる特徴があります。
AGAはそれらとは異なり、生え際と頭頂部のみ抜ける・進行形という特徴があります。この「進行形」に注意が必要で、放置していると症状がひどくなってしまいます。
AGAの原因とメカニズム生え際の後退やつむじ付近の薄毛の原因となるのは、「悪玉男性ホルモンDHT」という強力なホルモンの作用によります。別名「ジヒドロテストステロン」とも呼ばれるこのホルモンは、もともと体内に存在しているのではなく、「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンと、血液中の酵素である「5αリダクターゼⅡ型」が結合することにより産出されます。

精巣から分泌される男性ホルモンの「テストステロン」は、本来は体にとってよい働きをしてくれます。筋肉を付けやすくしたり、血流をよくするなどの作用があります。

しかし、血液中の酵素である「5αリダクターゼⅡ型」と結合することで、より強い「悪玉男性ホルモンDHT」に変わってしまいます。この産み出された物質がAGAの元凶なのです。

DHTは、幼少期から思春期までは体の成長に極めて重要な働きをしてくれますが、成人して以降はこのように脱毛の原因となるため「悪玉男性ホルモン」と呼ばれるようになります。

さらに悪いことには、悪玉男性ホルモンDHTと、毛根部にあるアンドロゲンレセプターと呼ばれる受容体が結合することにより、脱毛物質が生成されます。これによってヘアサイクルが短縮され、成長途中のはずの毛髪さえ脱毛させてしまう結果となります。

このアンドロゲンレセプターは、主に生え際と頭頂部に存在するため、AGAは生え際と頭頂部が薄くなるという仕組みです。アンドロゲンレセプターは側頭部や襟足には存在しないため、このあたりが脱毛することはありません。

禿パターンは医学的に分類されている

AGAによる禿げ方のパターンは、薄毛の進行度に応じて7つに分類されます。
これは「ハミルトン・ノーウッド分類別症例」と呼ばれ、専門クリニックでの治療でも、これにもとづいて治療を進めることが多いようです。自身がどのパターンに分類されるか、自分の症状を客観的に見て把握しておくことをおすすめします。
AGAは早めの対策が重要基本的には、AGAは対処が遅くなるほど回復が難しいとされています。症状がある程度進行していればすぐにでも治療をおこなうべきですし、初期症状であれば育毛剤を使うなどの対策も可能です。何より、AGAは「進行性」であるため、放置しておくと悪化する一方です。

そのため、生え際の後退や頭頂部の薄毛が少しでも気になったら、できるだけ早めにアクションを起こすことが重要です。「気のせいに違いない」と、自身で認めたくない気持ちはわかりますが、見て見ぬふりは一番やってはいけません。とにかく初動をスピーディーにしましょう。
では、なぜ早めの対策が重要なのか、毛髪の仕組みの観点から説明していきます。

ヘアサイクルの回数には限りがある

毛髪は、成長期から退行期、休止期を経てまた成長期に戻るサイクルを繰り返しています。これをヘアサイクルと呼び、生えて抜けてまた生えてとローテーションしています。
頭を洗ったとき、ごっそり髪の毛が抜けて驚くことも多いですが、髪が抜けてもまた新しい髪が生えてくるため全体のボリュームは維持されていると考えましょう。健康的な頭髪であれば成長期は4年から6年あるとされています。
しかし、このヘアサイクルは回数に上限があり、一生の間で約15回ほどとされています。正常な状態であれば、6年×15回で90歳程度まではサイクルが繰り返されますが、AGAを発症した場合は成長期が短縮されてしまい、1年から1年半ほどで退行期や休止期に移行してしまいます。
仮に、25歳でAGAを発症したとしましょう。24歳までは健康的なヘアサイクル、25歳からは成長期が1年に短縮したと仮定すると、35歳ごろには15回のヘアサイクルを使い切ってしまいます。結果として、40歳を待たずしてつるつるの箇所ができてしまうことになります。早めの対策が重要と言われるのはこのためです。

ヘアサイクルが終わってしまったら

不幸にもヘアサイクルが終了してしまったら、自主植毛といって、自分の毛を毛が無い箇所に植毛する方法で対処します。この技術は年々高まっており、ひと昔前よりは自然な仕上がりが期待されるため、利用者も増加傾向にあります。
とは言え、手術が必要なことと、それにともなって治療費も高額になるのが難点です。薄毛対策の最終手段と考え、繰り返しになりますが、こうなる前に早めの対策をとることが重要と言えます。

薄毛のサインを見逃さないように

シャンプー後の抜け毛が増えた気がしたり、鏡で見た毛髪部分に違和感を覚えたり、ささいなことでも何か変化を感じたら対策の合図です。
何度も繰り返しますが、AGAは進行性ですから放置すれば悪化するだけです。対応が遅くなると、満足できる結果が得られなかったり、治療費も高くついたりします。後悔先に立たずの精神で対策を始めるようにしましょう。

クリニックでの治療

クリニックでの治療を考える治療の進め方について説明していきます。
AGAの治療方法は、クリニックで治療を受けるか自宅で治療をするかの二つに大別されます。クリニックであれば通院が必要になりますし、自宅治療であれば育毛剤やサプリでの対策が基本になります。

最近になって、テレビCMや広告の影響で徐々に認知されているのがAGA専門クリニックによる治療です。首都圏を中心に数は増えており、AGAを専門に扱う病院を差します。すでに薄毛が進行していたり、早めに治療しておきたいと考える場合は、クリニックへの通院をおすすめします。通院することで得られるメリットがいくつかあります。

例えば、新宿AGAクリニックってどう?

通院するメリット

・専門的な治療を受けられる
・毎月診断があり専門医に相談ができる
・ほかの受診者の目が気にならない
これらが大きなメリットとなります。それぞれ解説していきます。

専門的な治療に関しては、専門病院なので言わずもがなです。基本的には、プロペシアやミノキシジルが処方されるようになります。プロペシアは飲む育毛剤とも呼ばれ、抜け毛や薄毛の原因である脱毛ホルモンが生成されるのを抑制する効果があります。
プロペシアとともに、ミノキシジルも処方されるのが一般的です。塗り薬と飲み薬の両方があり、育毛剤にも配合される事が多く、こちらは発毛の効果が期待できるものです。
これらの二つの薬を軸に、AGAの遺伝子検査があったり、クリニックオリジナルの治療薬を処方したり、自主植毛をしたりとさまざまな施術を受けることができます。

毎月診断に通うことにより、薬の服用を専門医に相談しながら進められます。専門医の監修のもとですから、薬の服用も安心しておこなえます。

クリニックの受診者は同様の悩みを抱えた人だけが受診しているため、待合室などでもそんなに目立たず、他人の目を気にする必要がありません。医院によっては完全予約制などの方法をとり、ほかの患者さんと直接会わないように工夫しているところもあります。

皮膚科との違い

最近では一般病院の皮膚科でも薄毛治療をおこなう場合が増えています。しかし、クリニックとは治療方法が異なります。

一番の違いは、皮膚科での薄毛治療は抜け毛を抑えた現状維持を目的としているところです。専門クリニックであれば、発毛効果のある薬を処方して発毛効果が期待できます。つまり、薄毛がある程度進行している場合は、発毛効果のある治療をおこなう専門クリニックに通院しないと効果が見込めないと言えるでしょう。

また、専門クリニックであれば処方される薬の種類も多く、処方以外にも血液や血圧検査、頭部の撮影などより専門的な治療を受けられます。皮膚科であれば問診程度になりますので大きな違いが見られます。

いずれにしても、発毛を目的とした専門治療をおこなうクリニックと、症状の悪化を抑圧するだけの一般病院では治療内容が大きく異なることを理解しておきましょう。クリニックの選び方ここまで見てきたように、薄毛治療にはクリニックでしっかりと治療を受けることが大切です。しかし、やみくもに通ってみるのはおすすめしません。クリニックと言っても民間企業ですからサービスは千差万別です。そこで、選ぶにあたってのポイントを紹介していきます。

押さえておきたいポイントとしては、
・治療実績がある
・オーダーメイド治療をおこなっている
・無料カウンセリングをおこなっている
・無理な勧誘をしてこない
あたりがあげられます。それぞれ解説していきます。

「治療実績」は最重視したいポイントです。なぜなら、実績が多ければ多いほど、AGAに関するデータが豊富に蓄積されており、より適切な治療をしてもらえる可能性が高くなるためです。逆に、治療実績が少ない、あるいは公表していない場合は避けたほうがいいでしょう。

オーダーメイド治療

オーダーメイド治療に関しても同様です。AGAの治療方法が確立されつつあるとは言え、頭髪の状態には個人差があります。どの患者に対しても画一的な治療をおこなうのではなく、患者さん一人一人に最適な治療方法を提案してもらえるに越したことはありません。

無料カウンセリング

無料カウンセリングについては、治療を始める前におこなっているクリニックだと安心できます。どのような治療をおこなって料金はどの程度かかるのか、不安を一つ一つ解消しながら治療を進めるほうが精神的にもいいでしょう。AGAの治療費自体、決して安くはないですから、最初に無料でカウンセリングを受けられることは重要になってきます。

また、無料カウンセリング後に無理な勧誘をしてくるクリニックは避けたほうが無難でしょう。薄毛治療に限らず、無料相談後に商品をすすめるというのはよく耳にする話ではありますが、患者さんの意思を尊重することなくすすめてくるクリニックは注意しましょう。

近年は徐々に増えているからこそ玉石混淆であり、良いところと微妙なところの差も出てきています。以上のポイントに留意して、自分に適したクリニックを探すようにしましょう。通院が始まると長い付き合いになりますので、しっかりと検討して信頼できる医師のいるところを選び、きちんと治療をしていきましょう。AGAクリニックのオススメ3選自身でだだけではなく、クリニックでの治療についてもご紹介しましたが、実際に通うことを考えると悩んでしまうという方もいらっしゃるでしょう。
そんな方におススメのクリニックをご紹介します。

メンズサポートクリニック

メンズサポートクリニックは、新宿にあるクリニックで、AGA治療を専門としている医師による診察を受けることができます。AGAと一口に言っても様々な症例がありますが、専門医として多くの症例を見てきた経験に基づいた治療を提供してくれるという強みがあります。
頭皮、毛根などの状態はもちろん、健康状態も確認した上での診察で、触診や機器を使ってしっかりとチェックしてくれます。

診察とその後のカウンセリングが無料というところも相談しやすいポイントで、カウンセリングは専任のカウンセラーの方が丁寧に説明してくれます。診察を元に考えられた治療案はもちろんのこと、薬に関してや治療にかかる費用に関してなど、細かな点まで相談することが可能です。

診察は完全予約制で、個室で受けられることもありプライバシーが十分に守られます。最寄りの新宿駅から徒歩3分と通いやすい位置にあるだけではなく、22時までと遅い時間まで診療しているため、忙し方も通いやすいというメリットがあります。
治療の効果が表れなかった場合の返金保証制度なども充実しており、初めて治療を行う方に適したクリックと言えるでしょう。

新宿AGAクリニック

新宿AGAクリニックは、患者さん一人ひとりにバランスの良い治療を提供しているクリニックで、内服薬と外用薬、そしてメソセラピーという治療方法を複合させ、最大600パターンの中から適した治療方法を提案してくれます。
メソセラピーというのは発毛へ効果のある「グロースファクター(成長因子)」を配合し、頭皮に直接浸透させるという方法で、人が持つ肌の再生能力を利用して発毛を行うというものです。投薬治療だけでは数年かかっていた治療を半年~1年程度まで短縮させられるとも言われる高い効果が見込まれている治療方法です。

3つをバランス良く融合させたオーダーメイドの処方が強みで、AGAだけではなくAGA治療によって引き起こされる可能性があるとされているEDへの対策や、痛みを抑えた治療も行っているクリニックです。
治療に必要となってくる血液検査も2回無料で受けることができ、費用が気になる方へ予算内での治療方法も提案してくれます。

年中無休の予約制で、最寄りの西新宿駅からは徒歩1分という好立地な点もポイントです。髪の毛の太さや強さも改善できるよう丁寧に対応してくれるクリニックです。実際の口コミはこちら。

新宿メディカルクリニック

治療の際はまず問診票を記入し、カウンセリングと検査ののち、治療方法を確率させます。治療にはメソセラピーを導入しており、効果の高い6つの成長因子を頭皮に注入することで治療効果を高めてくれます。その他にもビタミンやアミノ酸といった体のことを考えた成分をブレンドし、毛髪のサイクルを整える補助をしてくれます。
このメソセラピーの際、注射針などは使用せず、ジェットスプレーを使用して直接頭皮に吹きかけるため、針を刺す際の痛みが気になってしまうという方でも安心です。

治療は月に2回の通院で、1ヶ月、3か月、6か月、12か月という4つのパターンから治療期間を選択することが可能です。治療したい部分的な範囲によっても価格設定が異なっているため、必要な範囲で必要な治療を受けることができるという魅力があります。30日間の全額返金制度なども整っており、支払いは分割でも可能なため自分に合ったペースで進めることができるでしょう。

髪の状態を整えるため、育毛や美髪のための治療も提供しているため、長期的に健康な毛根を維持したいと考えている方に適しているクリニックが新宿メディカルクリニックです。

より良いクリニック選びを

AGAの治療が受けられるクリニックは多くありますが、きちんと特徴を見比べて、より自身に合ったクリニック選びをしましょう。
適切な治療を受けることで、きちんと改善へと導いてくれるはずです。オンライン診療という手もクリニックにかかる場合、定期的な通院が必要となります。しかし、忙しくて通院する時間がとれなかったり、自宅から通える範囲にクリニックがないケースもあるでしょう。特に、最近増えてきているとは言え首都圏に集中しており、地方ではまだまだ少ないのが実情です。

そんな場合は、オンライン診療をおこなうクリニックを利用するのもいいかもしれません。スマホやパソコンを使ってテレビ電話で薄毛部分を見てもらうなど、オンラインで診察を受けることが可能です。もちろん、診察時に何かあれば実際に通院できるという安心感もあります。

最近はオンライン診療に対応しているクリニックも増えており、地方在住などで通院が難しい場合は選択肢に入れると良いでしょう。オンラインの場合でも、前述した選び方のポイントは変わりませんので、まずは無料カウンセリングができるクリニックを探してみてはいかがでしょうか。若くして毛髪が薄くなってしまうと、見た目が気になってコンプレックスになってしまうこともあります。AGAは対策が可能ですので、「遺伝だから禿げても仕方ない」などと諦めたりせず、今できる治療をおこなうことが重要です。正しい知識をもとに後悔のない薄毛対策に取り組みましょう。

★薄毛治療は新宿AGAクリニックで無料相談★

 

 

記事をシェアする