AGAの予防対策って何?にお答えします

こんにちは!AGAにお悩みの皆様に情報を紹介しています。
今日はAGAの予防対策についてです。
そもそもAGAって?というかたはこちらへ

続きを読む

show less

 

AGA

男性型脱毛症

最近、薄毛が気になってきた、もしかしてAGAなのか、と多くの方が抜け毛や薄毛の悩みを抱えています。一人で悩まず、まずはAGAに関する正しい知識と原因、予防法を知り、早めの対策を心がけましょう。そもそもAGAって何? 実は2種類あること、ご存じでした?抜け毛や薄毛に関して「AGA」という言葉をよく耳にするようになりました。
AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症を意味します。主に、男性ホルモンに変化が生じて起きる薄毛のことを指します。

テストロテンという男性ホルモンには髪の毛を濃く太くする働きがあります。そこに5αリダクターゼという体内酵素の一種が加わることによって、髪の毛を細くさせ薄毛へと進行させてしまうDHTまたはジヒドロテストステロンと呼ばれる別の種類の男性ホルモンに変わってしまうのです。これが原因となり、生え際や頭頂部から薄毛が進行していく症状のことをAGAと言います。

AGAの種類

また、AGAの種類には大きく分けて2種類あります。
【若年性脱毛症】
10代から20代の若くして薄毛が進行します。

【壮年性脱毛症】
壮年期とは、働き盛りのだいたい25歳から44歳ごろを指します。

そして、年齢が上がるにつれて発症率が高くなると言われており、20代が10%、30代が20%、40代が30%、50代以降が40%との比率が出ています。
壮年期では半数以上の60%が発症するので、ほとんどが壮年性脱毛症と言えるでしょう。自分はAGAなのか?セルフチェックしてみよう自分の毛髪の状態はAGAの域に入るのか、そうではないのか、気になるのではないでしょうか。いきなり医療機関にかかるのも面倒・恥ずかしいと思う方も少なくないでしょう。
AGAを予防するという観点から考えても、現在の状態を把握しておくことは非常に重要です。

セルフチェック

頭皮の状況は

そんな方に実践してもらいたいのが、セルフチェックです。AGAかどうかは、ある程度自分で見極めることができるのです。
自己判断ですので、もちろん100%正確なことではありません。しかし、自分の頭皮・毛髪の状態を確認することで、少なくとも悩み続けていたことへの解消や、今後の対策や治療への一歩にもなるでしょう。

セルフチェックの項目として生え際や頭頂部の状態を確認することが一番ですが、それ以外にも方法があります。
例えば髪の毛が細くなってきた、喫煙者である、頭皮がかゆいことが増えた、といった点です。睡眠時間が短いことやストレスが多いなど、生活習慣によっても引き起こされることがあるため、その辺りもポイントとなります。
セルフチェックをできるサイトなどもあるため、そうしたサイトを使用してみるのもおすすめです。

もしも確認できるのであれば、生え際が後退してきてアルファベットのM字になっている、もしくは頭頂部がアルファベットのO字型に抜けている状態でないかというのも確認してみましょう。
この2点はAGAの典型的なパターンとなるため、要注意です。

抜け毛の量

また、抜け毛の量も大いに関係します。そもそも、抜け毛は人間の生理的現象でもあります。健康な髪の毛でも一日に50本以上抜け、季節の変わり目や個人の髪質によっては100本以上抜けることもあります。これは異常なことではありません。
ただ、ここで注意していただきたいのが、髪を洗った直後や、朝起きたときに抜け毛が大量にあるとすれば、それは脱毛症の可能性が高いと言えます。特に、抜けた髪が細くて短いものだったら発症を疑ってもおかしくないでしょう。

体質

AGAになりやすい体質かどうかも確認しておきたい点です。これは、今はなっていなくても、将来的になる可能性があるかどうかをチェックします。
両親や祖父母に薄毛の人がいるならば、影響を受ける可能性があるかもしれません。いわゆる、遺伝的なものです。

AGAの予防の仕方

遺伝の場合、染色体の関係により、父方よりも母方の遺伝のほうが影響しやすいと言われています。
ただ、確率的なものを示すと一般的に遺伝によるAGAは約25%なので、必ずしも遺伝が原因で発症するということではありません。AGAの原因を知ろうではなぜ、AGAになるのか。予防策を考える前に、しっかりと原因を探ることが大切です。
原因には大きく分けて3つあります。

AGAになる原因

・男性ホルモンの変化
・生活習慣の乱れ
・頭皮の状態

まず主な原因となるのは、男性ホルモンの変化です。
人は、自然に毛髪が生えては抜けてを繰り返す生え変わりの毛周期があります。それをヘアサイクルを呼びます。
男性ホルモンの中には、テストロテンという髪の毛を濃く太くする働きをもつホルモンが存在します。それが、体内酵素の一種である5αリダクターゼが加わることによって、髪の毛を細くさせ薄毛の影響をもたらすジヒドロテストステロンという違う種類の男性ホルモンに変化します。そしてAGAを引き起こすのです。
これにより、生え変わろうとする髪の成長を止め、脱毛を進行させてしまいます。

二つ目に、生活習慣の乱れです。
髪の健康はまず、身体の健康から始まると言っても良いでしょう。インスタント食品や脂分・糖分の取り過ぎによる偏った食生活、過度な飲酒や喫煙、運動不足や睡眠不足などもAGAを引き起こす要因となります。
また、ストレスを溜めことも良くありません。ストレスによる暴飲暴食、睡眠障害など、生活習慣に悪循環を及ぼします。

三つ目に、頭皮の状態です。
頭皮の状態は、健康な髪を作り出すことに大きく影響してきます。
頭皮には、乾燥肌や脂性肌などがあり、一人ひとり違います。長期間、自分の頭皮に合わないシャンプーを使っていたり、洗髪方法が間違っていたりすると、余計に乾燥や皮脂分泌の原因となり、頭皮の環境を悪化させてしまいます。そうすると、かゆみやフケなどのトラブルとなり、脱毛症に繋がりかねません。予防対策として食生活を見直そうAGAは放っておくと年齢とともに、どんどん進行し悪化してしてしまいます。
自分の身の回りでできる対策法がいくつかあります。身近なところからできることを実践し、早めに予防することが大切です。

食生活の見直し

脂分や糖分の取り過ぎなど偏った食事を続けていると、髪の成長にも悪影響を及ぼす可能性があります。特に、唐辛子やスパイスなどが効いた刺激成分が強い辛い食べ物の食べ過ぎにも注意が必要です。バランスの良い食事を取ることが大事です。

髪に良いとされている食品栄養素があります。それが、タンパク質、亜鉛、イソフラボンです。
肉、魚、卵、牛乳など動物性食品に多く含まれているのがタンパク質です。髪を作り出す素となり、健康な髪に必要な栄養素です。
そして、魚介類に含まれる亜鉛、大豆類に含まれるイソフラボンには髪の毛を細くさせるジヒドロテストステロンの生成を押さえてくれる働きがあると言われています。

このように、健康な髪づくりに大切な栄養素を日々の食生活で積極的に取り入れていきましょう。生活習慣を改善させよう食生活のみならず、生活習慣の乱れは頭皮や毛髪の健康に悪影響を及ぼし、AGAを引き起こす原因になります。身体の健康を保つことが髪の健康にも繋がり、AGA予防になるのです。

お酒の飲み過ぎ、たばこの吸い過ぎの方はまず見直しましょう。過度の飲酒や喫煙は胃や肺への負担が大きく、身体の倦怠感も感じやすくなります。

また、運動不足や睡眠不足も良くありません。飲酒や喫煙とともに、これらは身体の血の巡りを悪くする原因にもなります。血流の乱れが起きると、体内に必要な栄養素が行き渡らなくなります。そして、身体だけではなく頭皮への血の巡りも悪くなってしまいます。健康な髪を作る栄養素が行き届かなくなり、髪の成長をも止めてしまうことになります。

過度の飲酒や喫煙は控え、十分な睡眠を取り、適度に身体を動かすことで新陳代謝を上げ健康的な身体を保ちます。それこそが健康な毛髪づくり、頭皮の環境を整えることができ、抜け毛を防ぐ予防策になります。

ストレス解消法を見つけよう

仕事でのストレス、人間関係によるストレスなど、働き盛りの世代の方にはさまざまなストレスがつきものでしょう。しかし、ストレスの溜めこみ過ぎも良くありません。これも、抜け毛の大きな原因の一つに繋がります。
ストレスにより睡眠障害を起こし、頭皮への影響に悪循環を生むこともあります。

人間の神経には、身体や神経を強張らせ緊張させる交感神経と、緊張感をなくし気持ちをやわらげリラックスした状態になる副交感神経があります。
人はストレスと感じると、副交感神経よりも交感神経が大きく働きかけます。そうなることで、血管収縮が起こり、体内の血流が身体の末端まで行き届かなくなってしまいます。つまり、頭皮への血の巡りも行き届かなくなり、頭皮の血流量も減ってしまうのです。結果、必要な栄養素を頭皮へ運びこむことをストップしてしまうので、抜け毛や髪の成長を止めてしまう要因となります。

それを回避するためにも、十分に身体を休ませ、適度に趣味を楽しむなどしてストレスを溜めこまないことが大切です。自分に合ったストレス解消法を見つけ、AGAの予防を行いましょう。シャンプーの仕方を見直そう一日の生活の中で、シャンプーをしている時間が一番抜け毛が多くなると言われています。
髪を洗うことは直接頭皮や毛髪に触れるので、健康な髪や頭皮の状態を守り、抜け毛を予防するためにも十分に注意が必要なのです。ゴシゴシ強い力で洗っている方、時間をかけずにザッと雑に洗っている方は、今一度シャンプーの仕方を見直しましょう。

雑な洗い方をしていると、シャンプーを十分に流し切れていないことがあります。それが原因で、頭皮の毛穴に皮脂や汚れが詰まり、頭皮への血行不良につながります。状態が悪化すると、頭皮に炎症を起こしてしまう事もあるので、シャンプーをする際は丁寧に優しく洗うことを心がけ、皮脂や汚れを残さず綺麗に落とし切るイメージで洗いましょう。

抜け毛予防になるシャンプーの仕方

まず、シャンプー前にブラッシングをしましょう。
ブラッシングを行うことで、頭皮に適度な刺激を与え血行促進にもなります。また、頭皮や髪の毛についた汚れを払い落し、シャンプーの泡立ちを良くする効果もあります。根元から毛先に向けて髪の流れに沿ってブラシをあてると良いでしょう。

次に、シャンプーをする前に一度、お湯で頭を洗い流す素洗いをすることです。
38度くらいのぬるま湯で2分ほど優しくマッサージするように洗うことがポイントです。素洗いをすることで髪の汚れを落とし毛穴を開かせるので、シャンプーで頭皮全体を洗うための準備ができます。

そして、良くやりがちですが、シャンプー液は直接地肌に塗り付けないようにしましょう。
毛穴が詰まり汚れが残ってしまう原因になりますので、必ず、先に泡立ててから泡で包むように洗うようにしましょう。

素洗いの時と同じように、指の腹を使って優しくマッサージするように洗うことが重要ポイントです。爪を立ててゴシゴシ強く洗ってしまうと、頭皮が傷つき炎症を起こす原因にもなります。優しく揉みこむようにして洗うと、頭皮に負担がかからず汚れや皮脂を落とすことができます。
トリートメントを使う場合も同様に、頭皮につかないよう毛先だけに使うようにしましょう。

洗い終わった後は、しっかりと時間をかけてすすぎましょう。
すすぎ残しは毛穴の詰まりの原因となり、雑菌が増え頭がかゆくなることもあります。洗う時と同様に、頭皮をマッサージしながら洗い流すと良いでしょう。

そして、すすぎの後は十分に髪と頭皮をしっかり乾かすことが大切です。
濡れたまま放っておくと、雑菌が増えかゆみやフケなど頭皮トラブルにつながります。しかし、長時間乾かし過ぎると今度は地肌の乾燥の原因にもなるので、ドライヤーの当て過ぎも注意が必要です。根元から毛先に向けて、濡れた箇所が残らないよう全体が十分乾いたら大丈夫です。

手間にも感じるかもしれませんが、こうした一日一日の大切なケアが抜け毛予防に繋がるので意識して実践することがおすすめです。育毛剤を使ってみよう本格的に抜け毛を防ぎたい、AGAを予防したい方には、対策法として育毛剤の使用もおすすめです。
ドラッグストアなどでも、手軽に購入でき、さまざまなタイプのものが売られています。

育毛剤の使用

育毛剤には、残っている髪の毛一本一本を強く太く保つ効果や、抜け毛を防ぐ効果など、さまざまな効果が期待されています。また、育毛剤に含まれる成分には、身体の害となるような成分は含まれていないので安心して使用することができます。抜け毛を防ぐ有効成分が含まれているので、確実にいち早く効果を実感したい方には良い予防策と言えます。

中でもおすすめなのは男性ホルモンの分泌を抑制できるものです。AGAの原因としては男性ホルモンの影響もあるため、こちらを重点的に予防しましょう。
また、毛根まで栄養を補給できたり、皮脂の分泌を抑制できたりする頭皮の調子を整えるためのものもおすすめです。乾燥が気になる、皮脂が多い方など、頭皮のタイプ別の商品もあるので、自分の頭皮タイプに合った育毛剤を試してみると良いでしょう。

育毛剤の使用により毛髪や頭皮の環境を整えることが抜け毛予防対策の一歩になります。AGAに関する原因と予防対策法について紹介しました。劇的な変化を期待するよりも、予防は毎日の積み重ねが大切です。是非、早めの対策を心がけ、知識の一つとして取り入れてみてください。

記事をシェアする