正しいAGAについて学ぼう!早期治療がその進行にも影響!

こんにちは!AGAにお悩みの皆様に情報を紹介しています。
今日は正しいAGAの知識をお伝えします。。
そもそもAGAって?というかたはこちらへ

続きを読む

show less

 

もしかしたら当てはまるかも?AGA

M字は90%以上

AGAは身近なもの近年、「AGA」という言葉を耳にする機会が増えてきたかもしれません。病院に置いてあるパンフレットで目にしたり、テレビコマーシャルで耳にしている人も多いのではないでしょうか?

自分には関係ないと聞き流している人も多いかもしれませんが、中には「もしかしたら自分に当てはまるのでは?」と気にとめている方もいるでしょう。
Androgenetic Alopecia、日本語に訳すと「男性型脱毛症」、これがAGAの正式名称です。思春期以降に発症する男性の脱毛症のことを意味しており、現在全国に約1260万人の人々がこれに当てはまると言われています。

AGAの典型的な特徴は、脱毛がこめかみから始まり、生え際が後退することにより「M字」の形に薄毛が進行していきます。男性の脱毛症のうち90パーセント以上がこのAGAによるものだというデータもあります。
早い人では20代後半から症状が現れるため、大きな悩みやストレスに直結してしまう傾向も強い症状です。

AGAの発症

進行させない!AGAのメカニズムを知ろうAGAの発症には、生活習慣の乱れや、ストレス、遺伝などいくつか原因が挙げられますが、その中でも男性ホルモンが深く関わっていると考えられています。薄毛の原因となる「ジヒドロテストステロン」は、この男性ホルモンの変化により生みだされ、これがAGAの発症を引き起こすと考えられています。
つまり、男性ホルモンが多いから薄毛になるのではなく、ジヒドロテストステロンに変化してしまった場合に薄毛が進行してしまうということです。

では、なぜ男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変化してしまうのでしょう。次に重要となってくるキーワードは「5aリダクターゼ」という酵素です。この酵素は、毛根付近の皮脂腺から分泌される酵素の1つで、男性ホルモンを脱毛を引き起こすジヒドロテストステロンへと変化させてしまう作用があります。

年齢とともに少しずつ抜け毛が増えていくなどの場合は問題ないのですが、少し前まではフサフサとしており、十分な毛髪量があった、急激に髪が抜け落ちてしまったなどの場合は、このジヒドロテストステロンが深く影響している可能性が高いと言えます。本来髪は一定の期間を経て抜け落ちますが、まだ抜けるべきでない髪まで抜け落ちてしまう「脱毛スイッチ」がジヒドロテストステロンによって引き起こされます。このスイッチが入った毛髪細胞には栄養を送る必要はないと判断され、血流の低下とともに、髪が抜け落ちてしまいます。

5aリダクターゼを制御

つまりAGAの治療は、この「5aリダクターゼ」という酵素を制御することから始まります。この酵素を上手くコントロールし、「脱毛スイッチ」を入れないことが症状の改善へと繋がります。

典型的な特徴以外にも、AGAの進行にはいくつかのパターンがあります。
頭頂部から進行する方、額の生え際から進行するかた、前頭部から進行する方など様々です。さらにこれらの症状からも進行度は変わってくるため、自身の状態を知りつつケアをしていくことが重要です。

AGA深刻度チェック

あなたは大丈夫?AGAの深刻度をチェックしてみよう

それでは実際にあなたのAGAの可能性について考えていきましょう。

・最近抜け毛が気になる
・最近産毛のようなコシのない髪が多くなった
・両親や兄弟に薄毛の人がいる
・頭頂部が薄くなったと感じる

上記のようなAGAのセルフチェック項目はいくつもあります。当てはまる項目が複数個ある場合や、自分の毛髪の状態に気になる点がある場合などは、なるべく早めに専門クリニックへ受診することをおすすめします。

早期発見が大切

なぜなら、AGAは早期発見が重要となってくるからです。そしてAGAは徐々に進行していく症状です。急激な変化を感じる前に、日々の生活の中での小さな変化を感じとったり、セルフチェックを活用するなど、予防に備えることが重要です。
また、今は何も症状がなくても、特に遺伝リスクの高い方は変化や前触れを見逃すことがないよう、進行させないためにも正確に前兆をキャッチすることが大切です。毛髪の仕組みを知ってみよう。 薄毛の原因とは?でAGAなどの進行を食い止めるためにも、髪の毛の仕組みについて少し知っておきましょう。

髪の毛の仕組み

私たちの頭皮には約10万本の髪の毛が生えていると言われています。そして成長を繰り返しながら1日に約0.4mmずつ伸びていき、外的刺激や外的衝撃から私たちの身を守る働きもある大切なものです。

「軟毛」と「硬毛」の2種類

軟毛

メラニン色素をほとんど含んでいない色の薄い、そして細い髪の毛です。

硬毛

メラニン色素を多く含んだ太くてしっかりとした髪の毛をさします。

大人の毛が全て硬毛かと言えばそうではなく、人の髪の毛は成長により生えかわりが起こります。この生えかわりが正常に行なわれていれば薄毛や抜け毛等で悩むことは少ないでしょう。要因は様々ですが、硬毛が軟毛に戻ってしまい抜け落ちてしまうというサイクルがAGAに代表される症状です。

・成長期
・進行期
・休止期

私たちの毛髪は常にこの3つのサイクルで成長と後退を一定周期繰り返しながら生えたり抜けたりという流れをたどっています。
成長期で細胞の分裂が活発に起こり、男性は約2年から6年の歳月をかけ、新しい毛髪が軟毛から硬毛へと成長します。しかし、細胞は永遠に分裂を繰り返し成長するわけではありません。時間の経過とともに徐々に毛母細胞の分裂が衰え、髪の毛の成長も止まってしまいます。この時期を進行期と言います。
そして最後には細胞の分裂は完全にストップし、栄養も行き届かず成長を止め、抜け落ちていきます。この時期は休止期と位置づけられています。

 

毛髪が作られる行程

では、具体的に毛髪が作られるまではどのような行程をたどるのでしょうか?
毛髪とは、毛幹と毛根部分から構成され、毛幹は頭皮から出ている髪の毛部分をさし、毛根は頭皮の中に存在しているため見えない部分となっています。

1・毛根内部にある毛細血管からアミノ酸が運ばれる
2・毛根下にある毛乳頭がアミノ酸をキャッチする
3・毛母細胞へと発達する
4・毛母細胞が成長とともに細胞分裂を繰り返し、ケラチンと結びつき髪の毛になる

このように髪の毛は毛母細胞の分裂により伸びていきます。しかし、この分裂は永久的なものではありません。約40回から50回の分裂を繰り返すと、毛母細胞の分裂は終了していまいます。シャンプーやマッサージは薄毛やAGAとどのような関係があるのか?密接性はあるのか?薄毛が気になり始めた人の多くは、まずシャンプーや育毛剤などから対策を始める方も多いのではないでしょうか?最初から病院に通ったり、発毛専門外来へ訪れることはハードルが高いと感じてしまう方が大多数でしょう。ここでは薄毛対策用のシャンプーや育毛剤について、そしてこれらが実際にAGAに効果があるのかどうかについて説明します。

頭皮の痒みや乾燥によって抜け毛が増えている場合や、皮脂の過剰な分泌によって毛穴が詰まってしまい、清潔な頭皮が維持できていないなどの原因により抜け毛が増え薄毛になっている場合などは、シャンプーや育毛剤などの正しい使用により症状が緩和する可能性は高いと言えます。しかし、最初に述べた通り、AGAとは毛穴の汚れ、頭皮の不健康な状態が原因で引き起こる症状ではありません。AGAは男性ホルモンがジヒトロストロンへと変化し、これが毛髪の正しいサイクルに異常をきたしてしまうものなので、育毛効果や頭皮環境の改善を意図するシャンプーなどが直接的な働きを行い、AGAを改善させることはないと言えるでしょう。

しかし、これらが一概に意味のないものだと位置づけされることもまた不正確と言えます。なぜなら、頭皮環境の悪化がAGAの発症や進行を促す要因の1つという考え方もあるためです。
つまり、シャンプーや育毛剤のみでAGAを改善させることは不可能ですが、改善の手助けの1つとして取り入れることは有効的だということです。

 

髪の健康を維持する為に

そしてシャンプー選びもまた髪の毛の健康を維持する大切な要因の1つです。刺激の強い成分が入ったシャンプーや育毛剤の使用は、頭皮のダメージへと繋がってしまうのでおすすめできません。自分の頭皮や髪に最適なものを見つけることが重要です。
また、頭皮の汚れは抜け毛や薄毛へとつながると述べましたが、だからといって洗いすぎてしまうことも良くありません。それでは正しいシャンプーのやり方とは一体どのようなものでしょう?

・シャワーで汚れやホコリを軽く洗い流す
・シャンプーを手にとり、手のひらで泡立てから髪へ
・爪を立てず、泡を馴染ませるよう優しく洗う
・シャンプーが頭皮に残ることがないよう、しっかりと洗い流す

これらが、頭皮や髪に負担をかけずしっかり汚れや皮脂を取り除くやり方です。

そして髪を洗った後は、雑菌の繁殖を防ぐためにも必ずドライヤーで乾かすことが大切です。また、正しいシャンプー、育毛剤の使用は継続性も重要となっていることを忘れてはいけません。AGAの実際の治療についてAGAと診断された場合、どのような対策を取るべきなのか、その治療法にはどんなものがあるかなどについて考えていきましょう。

1つは先ほど述べたシャンプーや育毛剤などを上手く活用する方法です。そのほかにも生活習慣の改善や血行の促進などがあげられます。

医学的アプローチ

医学的アプローチにも様々な方法はありますが、基本的なものの1つに「5aリダクターゼのコントロール」があげられます。5aリダクターゼの制御に有効な働きをするものが下記の2つです。

・亜鉛
・ノコギリヤシエキス

AGAに対して直接的にアプローチするのであれば、専門クリニックなどで処方されるAGA治療薬が有効的です。
現段階の医療では、AGAに効果的な治療薬はミノキシジルとフィナステッドの2つしかありません。そしてこの2つの治療薬はそれぞれ使用目的が違います。

・フィナステッド→これ以上脱毛スイッチがあらたに入るのを防ぐ
・ミノキシジル →血行促進・血管拡張を促し、毛根を再生させる

すでにAGAが発症している場合は、どちらか一方を使用するのではなく、症状の抑制と改善を図る2つ合わせての使用が一般的といわれています。効果を実感するまでの期間は体質など個人差もありますが、早くて3ヶ月以上、人によっては1年以上と長い期間を要します。
また、効き目があるないについては体質や遺伝子に依存してしまいますので、治療を開始する前に検査キットなどを使い事前に遺伝し検査を行うことも可能です。

生活習慣から見直す

では、次に薬に頼らず生活習慣からAGAの進行を食い止める方法について触れたいと思います。AGAの治療薬の使用有無に限らず、髪や頭皮の健康はAGAの進行や抑制にも関係してきます。AGAは治療薬だけに頼らず、生活習慣の改善からのアプローチも必要です。
具体的には喫煙や睡眠不足、ストレスなど、必要な栄養素が足りていない場合などは抜け毛へと発展してしまいます。それと同時にバランスのとれた食生活も大切となってきます。

このようにAGAに対しては医学的アプローチと生活面からのアプローチの両方向から取り組んでいくことが必要ということが分かります。自分の生活をいま1度見直し、自分ができる範囲の部分からスタートしてみてください。

記事をシェアする