育毛剤でAGA改善へと繋げる方法

こんにちは!AGAにお悩みの皆様に情報を紹介しています。
今日は育毛剤でAGA改善へと繋げる方法についてです。
そもそもAGAって?というかたはこちらへ

続きを読む

show less

 

【AGAでお悩みの方】

AGAでお悩みの男性はたくさんいます。早ければ10代から症状が出てきます。今日までに育毛剤をはじめ、症状改善へと繋げるセルフケア用品及び医学的な治療方法はいくつか出ています。
こちらでは、症状の概要や改善方法の紹介をします。AGAの概要AGAとは、「Androgenic Alopecia」の略で、男性型脱毛症という症状です。

成人男性に良く見られる症状で、おおよそ日本人男性の3人に1人の方が当てはまります。早くて10代後半から発症しますが、年齢を重ねるにつれてその割合が高くなります。特に、60代以上になると半数以上の方が該当します。

この主な原因は、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの一種である成分が正常な発毛を阻害することで、抜け毛が増えて薄毛へと繋がります。厄介なのは、時間が経つにつれてその症状がどんどん進行してしまい、側頭部の髪のみが残った状態となります。アンドロゲンレセプターという男性ホルモン受容体における遺伝子の感受性が高い人も、発症しやすいです。

 

・AGAの主な症状

・抜け毛が多い
・毛が細くなった
・毛が伸びない
・地肌が透けて見える
・髪のセットがしにくくなった
・頭皮が油っぽい
・髪が少なくなることに不安を感じる
これらのうち、1つでも該当する場合は、可能性があります。

睡眠をとり目覚めた後に抜け毛がひどかったり、頭頂部や生え際が薄くなったと感じた時はAGAの可能性が高いです。代表的な症状としては、前頭部の髪の生え際が薄くなりなくなる、頭頂部が薄くなり、地肌が見えやすくなる状態です。段階的に症状に現れるので、初期の段階で通院や育毛剤治療などの対策をとることで、症状を抑えられ改善へと繋げやすいです。ジヒドロテストステロンとAGAの関係AGAの主な原因物質の一つとして、ジヒドロテストステロンがあり、脱毛部分の頭皮に多量に出てきます。これが、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合することでサイクルが乱れて、成長が終了します。そのため、毛髪が太く長い毛に成長する前に抜けてしまい、薄毛が目立つようになります。

・毛髪サイクルの毛周期

 

次に、毛髪サイクルの毛周期を紹介します。

1・髪が成長していく成長期
この期間2年から6年です。毛髪全体の約9割がこの成長期にあり、毛母細胞が元気に分裂を繰り返すことで、毛を頭皮の外側に押し上げていきます。この時期は、毛が太くなり成長へと繋がっていく期間です。

2・髪の成長が減速する退行期
この期間は2週間程度です。毛母細胞の分裂が少なくなり、一気に髪の成長が鈍ります。毛の色素細胞の活動が弱くなり、髪艶がなくなったり白髪が目立つのもこの時期です。

3・古い髪が抜けるのを待つ休止期
この期間は3ヵ月から4ヵ月です。この時期は完全に毛母細胞の分裂が止まり、髪の毛が伸びなくなります。また、次の新しい毛が生えるための準備をしている段階で、これが終わると古い毛は落ちていきます。

日本人の髪の毛は平均して約10万本といわれており、1日当たり80本から100本程度抜けています。しかし、細くて短い毛があれば、AGAを疑う必要があります。ジヒドロテストステロンを抑えるための育毛剤選びも、予防や症状を抑えるためには必要になります。AGAの予防は生活習慣改善も一つAGAになる要因の一つとしては、生活習慣も当てはまります。たとえ育毛剤による予防をしても、生活習慣の乱れから効果が低くなり、場合によっては悪化してしまいます。

【気をつけるべき生活習慣】

次に該当する生活習慣がある方には、気をつけてください。

・脂肪や糖質の多い食生活をしている方

サラリーマン男性の方には、接待や昼休憩などにより外食中心の生活をおくり、揚げ物中心の生活になりやすい傾向にあります。また、ジャンクフードやインスタント食品も該当します。その他、間食でスナック菓子・ジュースを良く摂る方も注意が必要です。

・過度な飲酒をされている方

過度の飲酒により、肝機能がアルコールを分解する機能が追い付かなくなります。アルコールを摂取すると、アセトアルデヒドという有害物質が発生します。これが、ジヒドロテストステロンを増加させる要因となり、AGAの症状があらわれやすくなります。

・喫煙習慣がある方

喫煙により、体内にあるビタミンCが破壊されて、血行を正常に保つ役割を持つビタミンEの吸収率を低下させます。また、末梢血管を収縮させてしまい、血流が悪くなります。この2つの要因から頭皮に栄養がいきにくくなり、薄毛へと繋がります。

・ストレスの多い生活をされている方

生活面で、ストレスが多い方も注意が必要です。自律神経が乱れて身体をリラックスさせることができなくなり、血行不良や睡眠不足の要因となり、髪の毛の成長を低下させてしまいます。

該当される方は、身体の機能を低下させて、AGAをはじめとした症状を引き起こしやすくなります。お悩みの方は、一度生活習慣の見直しが必要です。AGA育毛剤の取り扱い販売店ついてAGA専用の育毛剤は大きく分けるとドラックストア、ネット通販サイト、医療機関にて販売されています。料金も大きく幅があり、種類も豊富にありますから購入する際に悩むところの一つです。

ドラクストア・ネット通販サイトで販売されている商品は、使い方を間違えることで症状悪化に繋がりますから、医薬部外品が多く成分も強くありません。その分、値段も相応で自分に合うものを選ぶ際には手を出しやすいです。

また、ネット通販サイトの場合は、購入後に効果があらわれなかったら、返品・返金可能な企業もありますので、詳細をご確認したうえで購入することで金銭的な負担は軽くなります。近年では、自社での臨床データを出している企業もあります。その効果に期待は持てますが個人差がありますので、購入の際には考慮しておきましょう。

医療機関で取り扱う商品は、医師の診察・検査をした上で処方し、適切な薬品を出していますので、相応に効果が高く見込まれます。定期検査もしているところがありますから、症状についても都度確認をしやすいです。

【育毛剤の選び方】

しかし、即効性を期待して購入したが思うような効果が得られなかったり、情報に流されてしまいついつい新しい商品を購入して、複数の育毛剤を組み合わせて使おうと考える方も少なくありません。商品選びは自己責任のレベルになりますが焦りは禁物です。効果や使い心地が悪いと感じられたときにはやめた方が良いですが、最低でも1本使い切ってから判断しましょう。それ以外の場合は長期的目線で使い続けることをおすすめします。育毛剤の種類豊富な種類のAGA育毛剤が販売されていて、多くの商品は効果を併せ持っていますが、主な効果についていくつかご紹介いたします。

1・男性ホルモン抑制タイプ

5αリダクターゼという酵素の働きを抑制することで、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。代表的な成分はフィナステリドであり、これを主成分としたプロぺチアはAGAに効果があります。

2・血行促進タイプ

頭皮を柔らかくして、毛細血管を拡張することで発毛を良くするタイプです。これにより髪の毛を作りだす毛母細胞の働きを活性化いたします。代表的な成分はミノキシジルであります。発毛の効果の他には、冷え性や肩こりの回復にも効果があります。

3・毛母細胞活性化タイプ

ビタミン・亜鉛・システインなどの栄養を補給します。これにより毛母細胞の分裂を活性化させて、健康でこしのある髪の毛を作ります。育毛初心者や不規則な生活をおくっている方には使いやすいです。

4・皮脂分泌抑制タイプ

余分な皮脂の分泌を抑制し、頭皮環境を清潔に保つことで育毛を促していきます。汗を良くかく方や屋外でお仕事をされている方には該当しますので、そのまま放置すると炎症を起こしてしまい、AGAの原因になります。

5・頭皮保湿タイプ

頭皮の乾燥を防ぎ、正常な育毛を促すタイプですが、これを放置してしまうと、フケや毛穴を防ぐことになります。イチョウ葉・海藻エキスの育毛剤が多く、乾燥肌の方からパーマやカラーをされる方に良く使用されます。

それぞれのタイプに合わせての育毛剤があります。生活環境や身体の状態に合わせたものを選ぶことで効果が期待できます。効果を最大限に発揮する育毛剤の使い方育毛剤を購入した後ですが、それぞれに成分や効果が違いますので、商品にある記載内容に従っての使用が必要になります。その上で効果的な使い方を紹介します。

まず、夜にゆっくりと湯船につかって身体の温めて血流を良くします。副交感神経は、夜の方が効果があります。入浴時に洗髪するときは、爪を立てずに腹で洗うことや頭皮を傷めないシャンプーブラシすることで、頭皮の汚れを落とします。髪を乾かす際には、タオルで髪を軽くたたく程度、ドライヤーで8割程度に拭き取ります。

その後に育毛剤を塗布するのですが、気になる部分のみあてて指の腹で頭皮をもみほぐすようにしていきます。これにより、頭皮の血行の流れを良くして、高い育毛効果へと繋げていきます。

1日の使用回数ですが、商品の記載内容に沿ってになりますが、はじめは1日1回夜の入浴後がおすすめです。

違うタイプの育毛剤を使用する場合は、その分頭皮に負担がかかる可能性があります。説明書を良く読んだ上で、わからない場合は販売店の薬剤師、通販の場合はメールでの質問後に購入をしても遅くはありません。

はじめて使用される方は、時間と手間がかからなくて髪の負担が軽いものを使用することにより、AGAの症状改善の効果が発揮されます。育毛剤使用後に効果が出るまでの期間育毛剤を毎日1日1回使用した場合の効果が表れるまでの期間ですが、症状が軽度な場合は最低でも3ヵ月、大体の方は6ヵ月程度の時間が必要です。AGAの方は、頭皮が活性化していない状態ですから、働きを正常化させることから始まります。その上、髪の毛は1ヵ月で1センチ程度のスピードで成長しますので、相応な時間は必要です。

【育毛剤を使用した際の効果のあらわれ】

育毛剤使用をした際の効果のあらわれ方を紹介します。

・使用開始から3ヵ月目まで

抜け毛が減り、頭皮の乾燥や皮脂の分泌が抑制されます。それにより、血行促進や毛穴の汚れなどの症状は改善されていきます。しかし、この段階では、頭皮の毛が増えたと感じられる方は少ないので、焦って育毛剤を変えたりする必要はありません。

・停滞期

頭皮環境が整っても、栄養成分がいくのは頭皮だけではありません。身体のあらゆる器官に栄養素が届くようになっていて、それが一区切りしてから頭皮に栄養がいきますからご安心ください。この時期を乗り越えることで、強い髪の毛が生えることに繋がります。

 

・使用開始から6ヵ月目以降

頭皮環境が整った上で、薄毛部分から産毛が生えてきて、抜け毛もなくなります。この段階になると頭皮環境と発毛機能がある程度回復したことが確認できます。その後に、強く太い毛が生えてきますから、AGAの改善が見込まれます。

効果が表れるまでには、一定期間要します。効果が出ないと悩まれる方も多いですが、焦らず長期的に考えていきましょう。副作用を考慮して育毛剤を使用し、AGA改善に繋げる商品の説明書や医師・薬剤師の説明を受けた上での副作用の確認が必要ですが、いくつか注意事項を含めて説明します。

まずは、効果を見込んで多量に使用すると、刺激が強くなりかゆみや炎症の原因にもなります。使いやすさや症状確認を兼ねての少量からの使用が必要です。

【成分中の副作用】

各成分の副作用について主にこのようなものがあります。

・ミノキシジル

これには血管拡張作用がありますが、血圧の低下や心拍数の増加の可能性もあります。これが12%以上の育毛剤の場合は、血圧に影響を及ぼす可能性があります。

・フィナステリド

男性ホルモンに働きかけることから、性欲減退や勃起不全の影響があります。

育毛剤には、各種AGA改善に向けた効果がある一方、副作用も少なからずあります。一人一人身体の状態も違いますから、購入前に医師・薬剤師などの専門医に相談することがおすすめです。AGAは、誰もが起こりうる症状の一つです。遺伝的な要因もありますが、生活環境や加齢に伴って発症する場合も多くあります。育毛剤を使用して効果を抑えることもできますが、適切な使用をすることが必要です。副作用もありますから、最大限に効果を発揮するためには生活習慣改善を含め、事前に専門医などに確認することがすすめられます。

記事をシェアする