美容専門学生の全問正解率0%!パナソニックがヒアルロン酸・コラーゲンに関する超難解テストを実施。人気の美容成分にも関わらず正しく理解されていないことが明らかに。

この記事はPR TIMESからの転載によるものです。
記事に関するご質問・ご意見はPR TIMESにお尋ねください。

パナソニック株式会社は、20代~40代の女性100名ならびに美容専門学校生100名を対象に「ヒアルロン酸・コラーゲン テスト」を実施しました。 その結果、美容専門学校生でも正答率が低い問題が多く、ヒアルロン酸・コラーゲンの正しい知識が十分に理解されていないことが判明しました。また同時に実施した意識調査では、ヒアルロン酸やコラーゲンは人気の高い美容成分にもかかわらず、摂取方法が分からないと答えた方も8割という結果となりました。今回はその調査結果や専門家による美容成分の正しい知識等を紹介します。

【TOPICS】
1.ヒアルロン酸・コラーゲンに関する「超難解テスト」を実施。美容専門学生の全問正解率はなんと0%!
2.ヒアルロン酸・コラーゲンに関する「意識調査」を実施。正しく摂取できている人が少ない?
3.松倉 HEBE DAIKANYAMAの院長・貴子先生によるヒアルロン酸・コラーゲンの正しい知識を解説 
4.ヒアルロン酸・コラーゲンを10分でクイックチャージ!「Panasonic Beauty Stand」を期間限定OPEN
5.ヒアルロン酸・コラーゲンをオフィスに「お届け」!? 忙しい女性たちへの応援企画
6.ヒアルロン酸・コラーゲンをあきらめない!さらに高浸透※1になった導入美容器、「イオンエフェクター」発売!

1.ヒアルロン酸・コラーゲンに関する「超難解テスト」を実施。美容専門学生の全問正解率はなんと0%!
■全問正解率はなんと0%!! 
美容専門学生でも、ヒアルロン酸・コラーゲンについて正しく理解していないことが判明。 

今回の超難解テストは「ヒアルロン酸」と「コラーゲン」という人気の美容成分であるにも関わらず、美容専門学生の正答率が0%という結果となり、正しく理解されていないことが浮き彫りになりました。


■「ヒアルロン酸とコラーゲンは高分子美容成分であり、肌に浸透しにくい」ことを 知っていた美容専門学生はわずか11%のみ 
肌の角質層は脂質と水分が何層にも重なる「ラメラ構造」になっているため、美容成分の中でも特に分子の大きなヒアルロン酸やコラーゲンは浸透しづらい成分です。分子に大小があることを知らないことからか、間違った理解をしている人が多く、美容専門学生でさえ、正答率はわずか11%にとどまりました。


■コラーゲンの寿命について、一般女性の 約6割が「体内のコラーゲンは3~7日で入れ替わる」と回答。 
一般女性の60%が「体内のコラーゲンは3~7日で入れ替わる」と回答しましたが、実は300~500日という長い周期で生まれ変わります。勘違いされていた生成周期の約100倍かかるということを一般的に認知されていないことが判明しました。

2人に1人が「コラーゲンは、食べ物や飲み物の摂取で、 肌に行き届く」と思っていることが明らかに。 
食べ物や飲み物で摂取したコラーゲンは胃で分解され、内蔵や筋肉など身体全体
に循環し吸収されます。「コラーゲンは摂取すれば肌に全て吸収される」など、吸収の
メカニズムを正しく理解していない人が半数にのぼることが明らかになりました。


2.ヒアルロン酸・コラーゲンに関する「意識調査」を実施。 正しく摂取できている人が少ない?
■摂りたい美容成分は、1位:コラーゲン 2位:ヒアルロン酸という結果に。 79%の人がコラーゲン・ヒアルロン酸に関心ありと回答。 
20~40代女性100名に美容成分の意識調査を実施。「今後摂ってみたい成分は?」という質問にはプラセンタやビタミンCを差し置いて全体の79%がコラーゲン・ヒアルロン酸と回答し、関心度の高さが伺えました。

■普段コラーゲンを取り入れている人の中では、飲み物・食べ物(サプリメント・コラーゲン鍋ドリンクなど)に頼る人が最も多い結果に。
またヒアルロン酸・コラーゲンに関する意識・行動では、1位が「コンビニなどで、美容成分入りドリンクがあったら買う」、2位が「美容成分入りの食べ物(コラーゲン鍋など)を積極的に食べるようにしている」という結果となり、飲み物や食べ物に頼る人が最も多いことが分かりました。

■「効果を実感していない」ためコラーゲン・ヒアルロン酸を摂取するために、とっている行動に「自信がない」と 回答した人が58.6%も。
「ヒアルロン酸・コラーゲンに関して行動しているが、自信がない」と質問した際に、「自信がない」と回答した人が58.6%。行動をしているものの
「効果を実感しているわけではないから」ということも明らかになりました。
他にもコラーゲン・ヒアルロン酸を浸透させたいと思ってる人が69%という回答結果や高分子が手塗りでは「浸透しづらいこと」を知っていると答えた人は17%のみであったりと、コラーゲンおよびヒアルロン酸を摂取したくても自身が明確な知識を持って実践していなく「あきらめている」とがこの調査より明らかになりました。

3.松倉 HEBE DAIKANYAMAの院長・貴子先生によるヒアルロン酸・コラーゲンの正しい知識を解説 
超難解テストおよび意識調査結果により、誤った認識を持たれやすい美容成分「ヒアルロン酸・コラーゲン」について、松倉 HEBE DAIKANYAMAの院長・貴子先生にアドバイスを伺いました。
■そもそもの役割とは…? 
ヒアルロン酸・コラーゲンは、もともと体の中に存在している成分で、ヒアルロン酸は、水分を保持する力が高いので、肌全体にうるおいと柔軟性をもたらします。コラーゲンは、よくソファーのスプリング等に例えられますが、皮膚の弾力を保つためにクッションのような役割をしています。体内のヒアルロン酸やコラーゲンの生産量は、加齢や紫外線などの影響 で減ることで表皮を支える力が弱くなり、肌の弾力やハリが失われ、シワやたるみ、乾燥を感じるようになっていきます。

 

■どのように浸透するの…?
また、ヒアルロン酸やコラーゲンは食品からも摂取できますが、アミノ酸に分解されて、まず最初にそれらを必要としている臓器などに運ばれてしまうことから、全てが肌のためになるとは限りません。ならば、塗る方が効率的では?と思いますが、ヒアルロン酸やコラーゲンは分子量が大きく、ただ塗るだけでは角質層を通過できないため、充分な効果は得られないと考えられます。肌の角質層は、脂質と水分が何層にも重なり合う「ラメラ構造」となっており、外的刺激から肌を守るバリア機能の役割を果たしています。
高分子であるヒアルロン酸・コラーゲンを肌へ届けるためには、このラメラ構造を一時的にゆるめ、高分子美容成分が通過するルートを作り、浸透を促すことが効果的です。その際、成分の浸透力や配合量などにも注目して製品を選び、たっぷり使ってあげると美肌を維持しやすいと思います。

〈貴子先生プロフィール〉
松倉HEBE DAIKANYAMA 院長/日本形成外科学会認定専門医/帝京大学医学部卒業

【ラメラ構造とは】

「ラメラ」とは「層状」という意味で、層状構造の物質が健康な皮膚の細胞と細胞の間に存在します。水分と油分の層を持つラメラ構造が、バリア機能の役目を果たし外的刺激の侵入や肌内部からの水分蒸発を防いでいます。

 

4.ヒアルロン酸・コラーゲンを10分でクイックチャージ!
「Panasonic Beauty Stand」を期間限定OPEN

忙しい女性たちに人気の美容成分ヒアルロン酸・コラーゲンを約10分でチャージできる、出張型サロン「Panasonic Beauty Stand」を限定オープンします。イベントでは、ヒアルロン酸・コラーゲンの浸透※1アップを実現した新商品:導入※2美容器「イオンエフェクター<高浸透※2タイプ>」が体験できます。
3月にオープンしたばかりの話題のスポット「東京ミッドタウン日比谷」を皮切りに、 「KITTE丸の内」、「東京ミッドタウン キャノピー・スクエア」の3か所を巡り、キレイを磨けるイベントです。お越しいただいた方にはヒアルロン酸・コラーゲン入りシートマスクを使った新製品体験、LUPICIAとコラボした美容にうれしいオリジナルハーブティーのサービスも。ぜひお近くの出張サロンにお立ち寄りください。

 

イベント詳細 URL
https://panasonic.jp/beauty/akiramenai.html

5.ヒアルロン酸・コラーゲンをオフィスに「お届け」!? 忙しい女性たちへの応援企画
忙しい女性に美容の時間をお届けするため、女性が活躍する企業のオフィスに「Panasonic Beauty Stand」が訪問。(株)グライダーアソシエイツ・トレンダーズ(株)・小学館 Domani編集部・講談社 VOCE編集部・アクセンチュア(株) ・(株)FiNCの6社へ伺い、新製品イオンエフェクターを体験いただくだけでなく、美容と仕事についてなどの意見交換も行いました。 忙しく働く女性たちにとって、仕事と美容の両立は共通の悩み。「今の仕事にやりがいを感じているが、なかなか時間がつくれない」「美容がおろそかになりがち」「こういう製品があったら効率的に美容ができる」など、忙しい中でも、どのように工夫していけば、充実した美容の時間が確保できるかを様々な企業に活躍する女性と議論する機会となりました。

忙しい女性たちへの応援企画は、こちらのURLより随時UPしていきます。
https://panasonic.jp/beauty/akiramenai/tieup.html


6.ヒアルロン酸・コラーゲンをあきらめない!さらに高浸透※1になった
導入美容器「イオンエフェクター」発売!

【製品情報】
■品名:導入※2美容器 イオンエフェクター <高浸透※2タイプ>
■品番:EH-ST86
■発売:2018年6月1日

1.プレケアモード+リズム保湿モードで、ヒアルロン酸は4.9倍※3、コラーゲンは4倍※4の浸透※1を実現。
2.約10度の冷却で肌を引き締める「クールモード」搭載
3.ビタミンCを角質層まで届ける「ブライトニング」モード搭載
高分子美容成分のヒアルロン酸やコラーゲンも浸透※1できる新イオンエフェクターで、
角質層までうるおいとハリ感を実感できる肌へ。

※1:角質層への浸透。ヒアルロン酸分子量5 000 ~10 000、コラーゲン分子量1 000 ~ 5 000を使用した浸透量試験を実施。
※2:角質層まで 
※3:プレケアモード使用後、ヒアルロン酸水溶液をコットンに含ませて、リズム保湿モード(イオンレベル強、温感:高)で塗布した場合の浸透面積6,900 μm2/mm2、ヒアルロン酸水溶液をコットンに含ませて、手で塗布した場合1,400 μm2/mm2 前腕での比較(当社調べ) 
※4:プレケアモード使用後、コラーゲン水溶液をコットンに含ませて、リズム保湿モード(イオンレベル強、温感:高)で塗布した場合の浸透面積6,100 μm2/mm2、コラーゲン水溶液をコットンに含ませて、手で塗布した場合1,500 μm2/mm2 前腕での比較(当社調べ) 

◆ヒアルロン酸・コラーゲンに関する超難解テスト
【テスト監修について】

監修:上馬場 和夫先生
ハリウッド大学院大学教授、医師、医学博士

美容のプロを育てる学校法人であるハリウッド美容専門学校の非常勤講師 上馬場和夫先生に監修いただき、美容成分に関するテスト全10問を作成しました。一般回答者100名と美容専門学校生100名(ご協力:ハリウッド美容専門学校)の協力のもとテストを実施。

ハリウッド美容専門学校
最先端のファッションとヘア・メイク・ネイル・エステのトータルビューティを日本に広めた専門学校。
93年前の創立時から、この美の哲学を基本に、最先端のトータル美容とファッションを日本に広め、多くの卒業生を輩出

 

記事をシェアする