SK-IIがありのままの素肌美を、大胆に表現!はじめての「#すっぴん素肌プロジェクト」6月8日始動

この記事はPR TIMESからの転載によるものです。
記事に関するご質問・ご意見はPR TIMESにお尋ねください。

スキンケアブランドのSK-IIは、女性が本来持つすっぴん素肌の美しさを、大胆かつありのままに表現する「#すっぴん素肌プロジェクト」を6月8日より開始します。

世界中の約半数の女性達は、美しさに自信をもたらす為にはメークアップが不可欠だと感じています*。そんな中、このプロジェクトは、SK-IIを語るに欠かせない代表的な化粧水「フェイシャル トリートメント エッセンス」と共に、初めて肌へのメークなしという、まさに“すっぴん素肌”で果敢に撮影に挑んだ6名のセレブリティたちにスポットライトをあてました。(* 出典:2012年のThe Renfrew Centerの調査より)

「#すっぴん素肌プロジェクト」でまず始めに公開するのは、世界で名高いフォトグラファー集団「マグナム・フォト」に所属する精鋭らの撮り下ろしによる、大胆かつありのままの素肌美。SK-IIのアンバサダーである有村架純、ニニ、タンウェイに加え、新たに松岡茉優、チュンシャー、クロエ・モレッツを迎えた6名が、撮影後の肌へのレタッチを加えることのないビジュアルで、その素肌美を存分に魅せています。

今回公開したビジュアルの撮影は、マグナム・フォトの精鋭フォトグラファーである、クリストファー・アンダーソン、アレッサンドラ・サンギィネッティ、ジム・ゴールドバーグによって行われました。数々の世界的な賞を受賞する、トップクラスのフォトグラファーが引き出す自然体で美しいすっぴん素肌とその表情に、是非ご注目ください。

SK-II グローバルCEOサンディープ・セスは、今回のプロジェクトについて、「女性のセレブリティが、肌へのメークアップなしに撮影を行うということはとても珍しいことでしょう。しかしながら、この『#すっぴん素肌プロジェクト』を通して、これまでとは違った価値観が広がることを期待しています。だからこそ、この勇気ある6名のセレブリティ達が、私たちと同じ目標を共有し、SK-IIのパートナーとなってくれたことを誇りに思います。彼女達が伝えるSK-IIフェイシャル トリートメント エッセンスとの本物の経験によって、世界中の女性達がありのままの素肌の美しさに気づき、それを受け入れ、輝くきっかけになることを願っています。」とコメントしています。

また、今回の「#すっぴん素肌プロジェクト」に参加した有村架純は、「私にとってのメークアップは、“仕事が始まるぞ”っていうONモードへのスイッチのようなものですし、それは同時に、カメラの前では常にメークをしているということでもあります。今回のこの『#すっぴん素肌プロジェクト』では、スキンケアだけ、つまり素肌で撮影にのぞむという、私にとって初めての挑戦でした。でも、日々の習慣としてSK-IIのフェイシャル トリートメント エッセンスでケアを続けたことが、私に自信をもたらしてくれましたし、それによっていつも以上に自然体の自分で今回のチャレンジにのぞめた気がします。」と語りました。

SK-IIはこのプロジェクトの一環として、6名のセレブリティのたちの美しい素肌へと向かう軌跡をまとめた動画を6月12日より順次公開します。すっぴん素肌を大胆なまでに美しく魅せただけでなく、SK-IIのフェイシャル トリートメント エッセンスと共に撮影に挑んだ、ここでしか見ることの出来ない、ありのままの感情も見せてくれています。是非ご期待ください。

「私達が求めていたものは、美しい素肌へと向かう過程で表現している素直な気持ちをとらえることでした。もちろん6人それぞれの道のりは違っていましたが、不安や、気持ちの高鳴り、そして大胆に表現する様、それに伴うプライド、といった気持ちを彼女たち全員が持ち合わせていました。変化を遂げていく彼女達のその姿は、とても美しいものでした。」(動画制作チーム「HOSSEGOR」によるコメント)

またSK-IIの公式インスタグラムでは、ここでしか公開していない限定のコンテンツも含めセレブリティ達が魅せる様々な表情をお楽しみいただけます。6月8日の「#すっぴん素肌プロジェクト」開始と共に順次公開されますので、こちらにも是非ご注目ください。

SK-II公式インスタグラム(@skii):https://www.instagram.com/skii/?hl=ja
SK-II公式サイト(PC版):https://www.sk-ii.jp/ja/whats-new/in-the-spotlight/bare-skin-project.aspx
SK-II公式サイト(スマートフォン版):https://m.sk-ii.jp/ja-JP/whatsnew/in-the-spotlight-bare-skin-project

■「#すっぴん素肌プロジェクト」に参加した6名のセレブリティのコメント

◇有村架純

私にとってのメークアップは、“仕事が始まるぞ”っていうONモードへのスイッチのようなものですし、それは同時に、カメラの前では常にメークをしているということでもあります。今回のこの「#すっぴん素肌プロジェクト」では、スキンケアだけ、つまり素肌で撮影にのぞむという、私にとって初めての挑戦でした。でも、日々の習慣としてSK-IIのフェイシャル トリートメント エッセンスでケアを続けたことが、私に自信をもたらしてくれましたし、それによっていつも以上に自然体の自分で今回のチャレンジにのぞめた気がします。

◇ニニ

ありのままの素肌の美しさを伝えるこのプロジェクトを、本当に素晴らしいと感じています。肌へのメークをすることなく撮影を行うということはとても珍しい取り組みですが、私は何か違ったことや新しい挑戦が大好きなんです。始めは、少し緊張していました。けれど、私にとって欠かすことの出来ないSK-II フェイシャル トリートメント エッセンスが私に自信をもたらし、このプロジェクトに全力を尽くすことが出来ました。

◇タンウェイ

 

私の人生の中で、素肌で人前に出るということは初めての経験だったので、このお話をいただいた時は正直躊躇しました。けれど、SK-IIのフェイシャル トリートメント エッセンスでのケアを長年続けてきたことが、この挑戦への自信をもたらしてくれました。フェイシャル トリートメント エッセンスは、最も信頼できる10年来の親友のような化粧水で、一度も私の期待を裏切ったことはないんです。

◇松岡茉優

 

しっかりメークをして、素敵な衣装を着ることが私の武器となって、カメラの前でも堂々としていられると思っていたのですが、今回の撮影を通して、素肌も武器になるということを教えてもらった気がします。素肌での撮影は初めてのことだったので、不安もありましたし、撮影の最初はとても緊張していました。でもフェイシャル トリートメント エッセンスで毎日丁寧にケアすることで自信をもつことができたし、内面も含めて、今ある私の全てをありのまま表現できたプロジェクトだと思います。

◇チュンシャー

 

中国では、健康的な素肌美が大きなトレンドとなっていますが、肌にナチュラルなメークをしているようなすっぴん風が多い気がします。今回この「#すっぴん素肌プロジェクト」での挑戦では、みなさんに、私の素肌をお見せすることを通して、ありのままの自分を表現し、お届けすることができたと思います。

◇クロエ・モレッツ

 

このキャンペーンのことをはじめに聞いたときは、女性のありのままの美しさを讃えることや、そのことに自信をもって自分らしくいられることについて、新しいムーブメントのきっかけをつくれることに、とてもワクワクしました。そして、これはまさに私が表現したかったものだと感じました。

■マグナム・フォトとは
時代を象徴する写真を撮り続ける世界的なフォトグラファー集団。中でも、多数の受賞歴を持つ精鋭フォトグラファーのクリストファー・アンダーソン、アレッサンドラ・サンギィネッティ、ジム・ゴールドバーグが今回の「#すっぴん素肌プロジェクト」のポートレイト撮影を行いました。

◇クリストファー・アンダーソン
私が写真として、本能的にそして心の底から強く惹かれるのは、とてもシンプルなものです。だからこそこの「#すっぴん素肌プロジェクト」に興味を持ちました。私にとって、セレブリティたちが、肌へのメークアップを施すことなく、すっぴん素肌で臨み、そしてレタッチさえもすることの無い撮影を行うブランドは初めてのことでした。SK-IIが発信するこのメッセージは、確かな力があると感じます。

◇アレッサンドラ・サンギィネッティ
私の作品の多くは、女性の生活や時の流れ、そして運命は自らの手でどこまで変えることができるか、といったテーマに基づいています。このようなストーリーを伝えるには、お互いの信頼関係無くして語ることはできず、私にとってはまさにこのキャンペーンがそうでした。彼女たちのありのままの姿と表情をシンプルに、肌へのメークアップを施すことなく、素の状態で撮影できたことで、彼女たちと過ごした時間は、私にとってとても有意義で信頼関係を築くに十分なものとなりました。こうでなければいけないというような求められる姿ではなく、ありのままの姿を価値観としてとらえるこのキャンペーンに参加できたことは私にとっても大きな喜びです。

◇ジム・ゴールドバーグ
私が屋外で撮影している時、自分らしく胸をはってありのままの自分でいる人達にとても興味が惹かれます。今回この「#すっぴん素肌プロジェクト」で、肌へのメークアップをすることのない状態であっても、プライドを持って凛とした輝きをみせてくれた有村さんとタンウェイさんを撮影できたことは私にとっても大変嬉しいことでした。私がこの目で見た彼女たちの真の姿を、世界中の人々にも見てもらいたいと思います。

■フェイシャル トリートメント エッセンスとは

SK-IIの化粧水「フェイシャル トリートメント エッセンス」は、38年以上も前にSK-II独自の成分であるピテラ(TM)※の発見により生まれました。以来、世界中の何百万もの女性の肌を透明感と潤いに満ちた状態に導き、運命を変える一歩を踏み出す勇気を持つお手伝いをしてきました。SK-IIの研究者が偶然目にした、造り酒屋で働く年齢を重ねた杜氏の手の美しさに、美しい肌への秘密が「酵母」と「発酵」にあるのでは、とインスピレーションを受け、数年にわたる研究がスタートしたことがSK-II誕生のきっかけ。当時あった約350種もの酵母の中から辿り着いた、たった1つの特別な酵母が独自の発酵の過程で生み出されるのがSK-IIだけの独自成分ピテラ(TM)※です。このピテラ(TM)※に含まれる成分は、肌の天然保湿因子のいくつかを含み、ビタミン類や有機酸類、ミネラル類、アミノ酸類など50種類以上。人工では再現できないバランスは唯一無二であり、フェイシャル トリートメント エッセンスは、そのほとんどがこのピテラ(TM)※でできています。ピテラ(TM)※は、SK-IIが考える美しい肌に必要な5つの要素であるキメ、ハリ、エイジングケア、くすみ(*)、ツヤの全てに働きかけ、使うほどにうるおいあふれるクリアな素肌に導きます。(*乾燥による)
※ガラクトミセス培養液(整肌保湿成分)

■SK-IIとは

 

1980年に日本で生まれた高級スキンケアブランド。現在日本を含む世界13の国と地域へ市場を広げ世界中の人々に愛され続けています。杜氏の手はなぜ美しいのか、という発想から「発酵」に着目して生まれた独自の整肌保湿成分ピテラ(TM)※を全製品に配合。現在も売上げの一位を誇る基幹製品の化粧水「SK-II フェイシャル トリートメント エッセンス」から始まり、「透明感あふれる美しい肌づくり」をめざした研究開発により、年齢・肌質を問わず多くのお客様からの信頼によって支えられています。現在、製品数は約50種に増え、世界で一番厳しい目を持つ日本市場において、トップクラスの高級スキンケアブランドへと成長。2018年、SK-IIはブランド誕生38年目を迎えました。

記事をシェアする