お手入れを土台※1から変える『SOFINA iP ベースケアエッセンス(土台美容液)』改良新発売

この記事はPR TIMESからの転載によるものです。
記事に関するご質問・ご意見はPR TIMESにお尋ねください。

 

花王株式会社(社長・澤田道隆)は、2018年9月11日、「加齢に加え、疲れやストレスなど過酷な環境下でも、美しくあり続けたい」と願う女性に向けたブランド「SOFINA iP(ソフィーナ iP)」の土台美容液を改良し、「ベースケアエッセンス(土台美容液)」として新発売します。高濃度※2の炭酸※3のクリーミーな泡をマッサージするようにぬり広げるだけで、美容液が角層最深部に速攻浸透。まるで生まれ変わったかのように、うるおい・ハリに満ち、気になるザラつきもつるつるに。独自の「iPパワー処方EX」で、うるおって柔らかくもちもちした肌へ整えます。

「SOFINA iP」は、花王グループ化粧品事業におけるグローバル戦略ブランド「G11」のひとつです。花王ならではの幅広い研究領域を背景に生まれた独自発想と技術を軸に、ブランド育成を進め、国内のみならずグローバルでの展開をさらに強化していきます。
※1 お手入れのファーストステップ ※2 当社従来品比較 ※3 炭酸ガス(噴射剤)

SOFINA iP
「SOFINA iP」は、2015年11月、花王ならではの幅広い研究領域を背景に誕生したスキンケアです。『SOFINA iP 美活パワームース(土台美容液)』は、炭酸※3の技術を泡に応用した美容液で、洗顔後のスキンケアのファーストステップに使用する美容液として、新たなカテゴリーを提案してきました。現在では、国内の美容液市場(美白除き)で売上No.1※4となっており、その中でも特に、有職女性から多くの支持をいただいています。
※4 インテージSRI調べ 美容液(美白除く)市場 2016年9月~2017年12月ブランド別累計販売金額・個数

発売のねらい
このたびの改良では、従来の炭酸※3の泡を毛穴の大きさより小さくするマイクロバブル化に加え、泡をより長く保持できる技術を搭載しました。また、保湿成分を追加した独自の「iPパワー処方EX」を採用。炭酸※3のマイクロ泡の美容液が角層最深部に速攻浸透し、うるおって柔らかくもちもちした肌へ整えます。

「SOFINA iP」は、花王グループ化粧品事業のグローバルでの成長を加速する戦略ブランド「G11」のひとつです。今回、花王ならではの幅広い研究領域を背景にした独自発想の美容液を改良することにより、国内はもとより、グローバルでの展開も強化。忙しい毎日の中で、肌のコンディションがゆらぎがちな現代女性への提案を継続して行い、女性たちをスキンケアの観点から応援していきます。

新商品特長
『SOFINA iP ベースケアエッセンス(土台美容液)』は、微細な炭酸※3 の持続力のある泡を洗顔後の肌にマッサージするようにぬり広げるだけで、肌の調子をすこやかに保つ“土台美容液”です。独自の「iPパワー処方EX」を採用。うるおいでやわらかくもちもちした肌に整えます。毛穴より小さい、極小の1/100mmの濃密できめ細かなマイクロ炭酸泡が肌になめらかに広がって密着し、角層最深部に速攻浸透。まるで生まれ変わったかのような、うるおい・ハリに満ちた肌に。気になるザラつきもつるつるに整えます。クリーミーな使い心地で、次に使う化粧水のなじみも良くなります。また、複合保湿成分iPコンプレックス(DPG・プロパンジオール・PEG)を配合。もっとキレイがわき上がる、オーシャンエナジーの香りです。

◆商品概要◆

商品名・品種・容量:
SOFINA iP ベースケアエッセンス(土台美容液) 1種 90g
SOFINA iP ベースケアエッセンス(土台美容液) レフィル(つけかえ用)1種 90g

※ノープリントプライス

商品特長:
微細な炭酸※3の持続力のある泡を洗顔後の肌にマッサージするようにぬり広げるだけで、肌の調子を健やかに保つ“土台美容液”。うるおいで柔らかくもちもちした肌に整えます

◆発売する地域◆ 日本(全国)、香港、台湾、シンガポール

◆発売日◆ 日本:2018年9月11日 海外:導入国・地域によって異なります

◆主な取り扱い店◆ 日本:百貨店、総合スーパー、ドラッグストアなど
※一部オンラインショップにて先行発売

【参考】

花王は、2018年5月に、グループの化粧品事業における新たな成長戦略の柱として、“新グローバルポートフォリオ”を策定しました。カネボウ化粧品、ソフィーナ、キュレル、エキップ、モルトンブラウンの5つの化粧品事業体から、グローバルで展開を強化する11の戦略ブランド「G11」を選定。花王グループならではの確かなエビデンスと五感に訴える感性美を融合させることで、ブランドの個性を磨き、日本を含むアジア・欧州での育成を加速していきます。

お客さまからのお問い合わせは、花王株式会社 生活者コミュニケーションセンター消費者相談室
TEL:0120-165-691にてお受けしております

記事をシェアする