ブロックチェーン技術がついにヘルスケア分野に進出!今後のために知っておきたいこと

この記事はCOIN OTAKUからの転載によるものです。
記事に関するご質問・ご意見はCOIN OTAKUにお尋ねください。

ブロックチェーン×ヘルスケアの時代が来た!

ブロックチェーン技術に基づいた医療サービスプラットフォームWELLは、患者と適格な医者をつなぎ合わせることで、これらのアイデアをすべて実現します。

引用元:COINTELEGRAPH
分散型へルスケアWELLが市場を変える (2018年03月31日)より

近年ブロックチェーン技術が注目されていますが「ブロックチェーン=仮想通貨の台帳」というイメージを持つ人が多いようです。

なぜ、ブロックチェーンの応用でヘルスケア分野が注目されているのでしょうか。

 

 なぜ今、ブロックチェーン×ヘルスケアなのか?

高齢者の割合が増えると国の福祉システムと予算への負担は大きく増えます。(中略)遠隔医療やブロックチェーン等にとって最も有望な分野の1つとなっています。

引用元:COINTELEGRAPH
分散型へルスケアWELLが市場を変える (2018年03月31日)より

先進諸国において、近年、高齢化が問題になっていることは言うまでもありません。

この記事でも触れられているとおり、特に日本では、福祉・年金の支出は増加し、そのぶん若者世代への負担も増加しています。

 ブロックチェーン技術はどのようにしてこれらの現象の抑止力になるのでしょうか。 

ブロックチェーン×ヘルスケアでできること

遠隔診断により在宅医療を提供

余計な外出をして、診察を待つ必要がなくなります。(中略)必要であれば、プラットフォームはパーソナルアシスタントのサービスを提供します。これは、入院治療を必要とする人に居場所と医師の支援を提供できる病院にとって有益です。

引用元:COINTELEGRAPH
分散型へルスケアWELLが市場を変える (2018年03月31日)より

 

パソコンやスマホの普及により、家にいながらたいていのことはできるようになりましたが、まさか医療まで…!と驚いた方もいるでしょう。

プラットフォームは世界各国とつながっており、関わっている専門家も多言語使用者です。そのため、世界のどこにいても遠隔診断が可能になります。

しかし、医師の側からすると実際に患者と対面しなければわからない事のほうが多いかと思われます。 信頼性をを獲得し、普及するまでにまだ時間がかかりそうです。 

 

 個人カルテを参照できる

WELLはブロックチェーン技術を使って個人のカルテを保護し、患者が参照できるようにします。

引用元:COINTELEGRAPH
分散型へルスケアWELLが市場を変える (2018年03月31日)より

インフォームドコンセントが提唱されてから20余年たちますが、自分の治療に関して理解している患者は実は少ないのではないでしょうか。

この技術により、自分の病気について誤りのないデータに安全にアクセスできるようになりました。
素晴らしいことのようですが、
 患者も知る側として今まで以上に医療に関するリテラシーが求められますし、意思決定の責任を負うことに なるでしょう。

 

 医療費の削減

WELLは仲介者をなく患者と医者を直接つなぎ合わせます。これにより、外部施設に依存することなく必要な支援をうけることが可能になります。

引用元:COINTELEGRAPH
分散型へルスケアWELLが市場を変える (2018年03月31日)より

たしかに現状では保険会社や、国家の非効率的な制度によって医療価格が高騰しています。

それらをなくすことで、 経済的な理由から治療をあきらめていた人たちが前向きになれるでしょう。 

 

 セカンドオピニオンを得やすく

患者によるフィードバックや口コミをブロックチェーン上で記録・シェアし医療サービスの公正な評価を実現します。さらに、WELLプラットフォームを使えば、患者は遠くの専門家からセカンドオピニオンを得ることができます。

引用元:COINTELEGRAPH
分散型へルスケアWELLが市場を変える (2018年03月31日)より

従来の医療では1から診察を受けなければならない手間からセカンドオピニオン得る機会を失っていた人が多くいたことでしょう。

ブロックチェーンの記録・シェアによりこの手間が省かれ、より公正な評価のもと治療方針を見直す機会ができました。

しかしこちらも前述のとおり、最終的な判断を下すプロセスに、患者自身も大いに責任を負うことになります。

 多くの人が納得行くように使いこなせる日は、まだ遠いかもしれません。 

記事をシェアする