バリキャリ女子の「仕事と美容」に関する調査を実施。半数以上が「美容に気を使っていると仕事もスムーズ」!関心事は、「ネイル」「ジム」より「脱毛サロン」。一方、約4割が直前キャンセル経験あり…

この記事はPR TIMESからの転載によるものです。
記事に関するご質問・ご意見はPR TIMESにお尋ねください。

パナソニック株式会社は、30~40代の仕事意識が高く、バリバリ働くキャリアウーマン「バリキャリ」女性500名を対象に「仕事と美容」に関する意識・実態調査を行いました。

毎日かっこよくバリバリ働く「バリキャリ」女子たち。仕事のみならず美容にも気を使っている人が多いようです。今回の調査では、そんな彼女たちが美しさをキープするための色々な努力の実態を調べました。

4割超が「同僚よりも美容に気を使っている」! 半数が「仕事で役立った」と感じたことも             
はじめに、仕事と美容に関する意識についてきくと、「仕事に対する意識も美容意識も高くありたい」(64%)と回答した人が6割超という結果に。「バリバリ働いていても美しくありたい」というバリキャリ女子たちの“心意気”を感じさせます。「同僚より美容に気を使っている」という人も43%と多く見られました。
「美容」に対する高い意識の背景には、仕事への影響もあるようで、半数超が「美容に気を使っていることが仕事で役立った」(51%)と回答。実際にその経験がある人も35%に上ります。
具体的なシーンとしては、「販売職をしているため、見た目には気を使っている。お客様にアドバイスを求められることもあります」(39歳/販売職)、「初対面の女性と化粧品やネイルのことで盛り上がり、営業に繋がることがある」(32歳/営業職)など、「美容への関心」がそれぞれの職種に合った大きなメリットを生んでいることがうかがえます。

平均美容費は1か月 11,887.1円、「ネイル」「ジム」より「脱毛サロン」に高関心!       
続いて、そんな美容意識の高いバリキャリ女子たちに、具体的な美容習慣を深堀りしてききました。まずひと月あたりに「自分の美容」に使っている金額をきくと、平均「11,887.1円」。

 

続いて社会人になってから実施したことがある美容法をきくと、1位は「脱毛サロンに通う」(40%)、2位は「ネイルサロンに通う」(25%)、3位は「週1回以上ジムやヨガのサロンに通う」(24%)という結果になりました。

サロンやジムに通い、「プロの手」を借りて美を維持するバリキャリ女子たちが多く見られ、その中でもバリキャリ女子たち「ネイル」や「ジム」よりも「脱毛」への関心が高いことがわかります。

サロン・ジムの予約を先延ばし…71%が忙しさで「美容意識が下がった」経験も
一方、忙しいバリキャリ女子たちは、仕事の都合でサロンやジム通いを維持できなくなることもある模様。仕事の忙しさや疲れで美容サロンの予約を先延ばしにしたり、運動の習慣をさぼったりするなど「意識が下がってしまった経験があるか」ときくと、71%が「ある」と回答しています。
具体的には 「マツエクが全部外れているのに、仕事が忙しくて休みの日は外に出る気にならず、サロンに行けない」(37歳/経理・総務職)、「不定期に忙しくなるため、定期的な運動やレッスン、予約が必要な事に躊躇する」(46歳/営業職)などの声が上がっており、体や気持ちの疲れ、スケジュールの不安定さから、美容サロンに通う習慣などが維持できないことはバリキャリ女子の「あるある」ということがうかがえます。

脱毛サロン経験者は約4割が直前キャンセル経験、予約が取れず「効果が出ない」人も          
特に関心が高い「脱毛サロン」について、「脱毛サロン」経験者(255名)のみにたずねると「脱毛サロンの予約を直前でキャンセルした経験がある」(36%)人が約4割。さらに、「忙しくて予約が取れず、なかなか効果が出なかった経験がある」(42%)という人も多く、忙しさが完ぺきな「脱毛」の妨げになっていることがわかります。


また、「わざわざ出かけること」に面倒さを感じている人も多く、「『今日予約がなければもっと休めたのに』と後悔した経験がある」(44%)も4割超という結果になりました。

バリキャリ女子、「ムダ毛ケア」に求めるものは手軽さ・時短・効率化!「ホームケア」意向も           
そこで最後に「ムダ毛ケア」に関してバリキャリ女子たちの本音をききました。すると、「もっと手軽に行いたい」「もっと時間をかけずケアをしたい」という人がそれぞれ88%にも上り、9割近くの女性がムダ毛ケアに「手軽さ」や「時短」を求めていることがわかります。また、「なるべく早く効果を実感したい」(90%)人も多数で、仕事ができるバリキャリ女子ならではの「効率」も求められるという結果になりました。

「ホームケアで完結」をのぞむ人も73%と7割超に上ります。忙しい、でも美しさをキープしたい…そんなバリキャリ女子のムダ毛ケアには「手軽」「時短」「効率」「ホームケア」が「ムダ毛ケア」の救世主となることが明らかになりました。

忙しいバリキャリ女子もオススメ、
自宅で本格ムダ毛ケアができる光美容器 光エステ ES-WP80」
今回の調査で「バリキャリ女子」に求められていることがわかった、手軽・時短・高効率のホーム「ムダ毛ケア」。
「光美容器 光エステ ES-WP80」は、新たにW(2本)ランプを搭載し、1回の照射時に2本のランプが連続発光。肌へ届くパワーが2倍※1になりました。従来の2倍※1のエネルギー量の光を2回に分けて連続発光することで、ハイパワーなのに肌にやさしく照射します。
また、さらに大きくなった照射面で広範囲を一気にケア。両ウデなら約4分間、両アシは約7分間でお手入れできます。
アシ、ウデ、ワキ、手、ビキニラインなら2週間に1回のケアでOK。3か月目以降は1~2ヵ月に1回で効果が得られ、使い続けるほどお手入れ回数を減らせます。加えて、光の刺激が古い角質を剥がしやすくするため、キメ感のある明るい素肌に導きます※2。本製品は1回目から効果を実感いただける※3ようパワーアップ。早く効果を実感したいバリキャリ女子にもおすすめです。
当社は本製品により、ご自宅でできる本格的なムダ毛ケアを提案します。

■商品情報
強さと速さの光エステ 光美容器 光エステES-W80

〇「W(ダブル/2本)ランプ」でパワー2倍※1
1回目から効果実感、すべすべ肌へ お手入れ頻度を2週間に1回に低減※3
〇Wランプを連続発光することで、ハイパワーなのに肌にやさしく照射
〇ワイドな照射面と短くなった照射間隔で広範囲を一気にケア
〇肌検知センサーが肌色に合わせておすすめ出力レベルをお知らせ
〇家族で使える照射回数約30万回

※1:当社2017年発売ES-WH95との光量比較(フラッシュ出力レベル5の時)
※2:キメが整うことによる肌の見え方(頬での評価 当社調べ)
※3:当社調べ。フラッシュ出力レベル5で、使用後2週間でムダ毛の目立ちにくいスベスベ肌になってきたことを実感
※4:お手入れ開始から最初の2カ月。顔は1週間に1回
※5:取扱説明書通りのご使用で家族での使用は5人まで
●本商品は、医療機器ではありません。永久脱毛とは異なります。
●効果には個人差があります。

[調査概要]
・調査対象:現在年収300万円以上で、「同性代女性よりも仕事が忙しい」と回答した正社員フルタイム勤務30~40代女性500名
・調査期間:2018年4月11日(水)~2018年4月12日(木)
・調査方法:インターネット調査

記事をシェアする