スマホでビットコイン決算?ファーウェイのスマホが時代の最先端を走る!

この記事はCOIN OTAKUからの転載によるものです。
記事に関するご質問・ご意見はCOIN OTAKUにお尋ねください。


ファーウェイBTCウォレット開発へ

 

中国の通信テクノロジー企業大手、ファーウェイは、携帯電話ユーザーがビットコイン(BTC)ウォレットを新しいファーウェイのデバイスにダウンロードできるようになることがわかった。

引用元:COINTELEGRAPH
ファーウェイ、アプリストアにBTCウォレット、新しいスマホすべてでダウンロード可能に(2018年5月11日)

スマートフォンの普及率がここ10年で飛躍的に伸び、それに伴い「現金」を持たないキャッシュレスでの決算が多く見受けられるこの世の中。
ケータイで決算が 「簡単に、速くできる」特徴を活かし、 様々なウォレットが世に出回っています。

そして、今年5月にファーウェイの携帯電話ユーザーがビットコイン(BTC)ウォレットをすべてダウンロード可能になったと発表しました。

ファーウェイが世界をリードするのか?

「中国市場に参入する良い機会だ。アプリを使ったキャッシュレスな支払いは需要が非常に大きく、伝統的な銀行システムに欠けている点だ。今後の成長につながる仮想通貨決済の優れたユースケースになるだろう」

引用元:COINTELEGRAPH
ファーウェイ、アプリストアにBTCウォレット、新しいスマホすべてでダウンロード可能に(2018年5月11日)

デ・ラトール氏は上記のように、中国市場に期待を寄せています。
ファーウェイは、去年中国市場で9090万台を出荷し、マーケットのシェアは20.4%にも及んでいます。
ファーウェイの世界規模の市場では、18年第1四半期で11.8%の数字を残しました。
なんと、ファーウェイの世界でのシェア率は、サムスン、Appleに続いて、 世界第3位 となっているのです。

しかし、現地点では、中国政府が仮想通貨を全面的に禁止している関係上、中国ではこのアプリがダウンロードできないようになっています。ファーウィは中国会社で、中国での市場も大きいだけに少し残念なところもあります。

 

SRNはいずこへ?

FINNEY™ devices are the first cyber-protected, blockchain-enabled mobile phone and PC. They enjoy the functionality of Android™ OS, plus a suite of cyber security technologies, giving users safe, reliable access to the blockchain.

引用元:SIRINLABS
SIRINLABS公式ホームページより(2018年5月21日)

SRNとは、スイスの会社(SIRIN LABS)の発行するトークンで、世界初のブロックチェーン・スマートフォンFINNYを開発しています。
注目されているのが、 ブロックチェーン技術を利用した「頑丈なセキュリティー」 です。
いくら、お金があってもウォレットがハッキングされる危険性があると使わないですよね?これまでにも、沢山のモバイルウォレット利用者が何者かにお金を盗み取られるということ事件が起きました。その盗難を防ぐ機能が備わってるいのが、FINNYのスマートウォレットなのです。

SRNのFINNYのすごい点は、ハードウェアウォレットを内蔵している コールドウォレット になっている点です!

これがあることで、スマホの中に資産をしっかりと保存できるようになっています。このような頑丈なセキュリティーで仮想通貨を保管できるウォレットは、このFINNYしかなく、将来性があることから期待されているケータイ会社です。

モバイル決算の最先端、中国の今後は?

「モバイル決済の最先端をいく中国での我々のリーダー的ポジションから、我々は近い将来において世界的に仮想通貨の採用が大きく拡大すると予想している」

引用元:COINTELEGRAPH
ファーウェイ、アプリストアにBTCウォレット、新しいスマホすべてでダウンロード可能に(2018年5月11日)

ファーフェイの副社長であるジャミー・ゴンザロ氏がこのように述べているということは、今後中国も何かしらの動きがあると予測していると考えられます。

 高性能、高い可用性、高いセキュリティ のブロックチェーン技術が成り立つようなインフラが構築されれば、決算はスマホの中のウォレットで済ませるのが常識になる時代が来るかもしれません。ビットコインでの支払いが世界で主流になり、中国に訪れる観光客の、ビットコイン決算のニーズが高まる可能性も考えられます。

 そうなれば、いづれ、中国政府は 規制を緩和せざる終えない かもしれません!今後のビットコインの動向と規制の緩和の流れには目が離せません。