イーサリアム(ETH)考案者ヴィタリック氏、仮想通貨に対する規制と今後の見通しについて言及

この記事はCOIN OTAKUからの転載によるものです。
記事に関するご質問・ご意見はCOIN OTAKUにお尋ねください。

 

「コインチェックハッキング事件」について言及

 

ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)、24歳。ブロックチェーンを使ってスマートコントラクト(契約)を構築できるプラットフォームであり、仮想通貨としての側面も持つ「イーサリアム」を19歳の時に考案。5年後、彼の作ったイーサリアムの価値は時価総額約4兆3700億円(2018年3月29日時点)にまで膨れ上がった。

3月28日、世界中が注目する仮想通貨業界を代表する若き“怪物”がBusiness Insider Japanに語った。(中略)

仮想通貨の世界で、いろいろな意味で日本は「特別な国」だ。580億円という巨額流出を起こした「コインチェック流出問題」に何を感じたのか?(中略)

 彼は、コインチェックの巨額流出は“(分散化している)ブロックチェーンそのもの”の問題ではないが、“取引所(サービス)そのものが非常に中央集権化している”ために起こった問題ではないか、とも指摘する。
コインチェックは日本国内の取引所の中では圧倒的なシェアを誇っており、2017年はその取引量が1.4兆円ともいわれている。これは、ヴィタリック氏が語る取引所の「中央集権化」といっても過言ではない。

 

ブロックチェーンには、「分散化」という特徴がある中で、そのブロックチェーン技術を使った仮想通貨を扱っている取引所が「中央集権化」されているという。ある種の矛盾が生じている。
これは日本国内だけの仮想通貨取引所だけに留まらず、世界規模の話である。
この矛盾した現在の状況を打破する手段にはいくつかの方法があるという。次章で彼がある一つの解決策を提示している。

 

 

解決策とPlasmaについて

解決策について、取引所を規制することも当然1つだが……と前置きした上で、多くの問題は技術的に解決できる、とも語る。

その一例が、ヴィタリック自身が現在取り組んでいる技術、「Plasma」だ。

Plasma(プラズマ):元々はイーサリアムの「スケーラビリティ(拡張可能性)問題」を解決するための技術。1秒あたりに処理できるトランザクション(取引)量を増やすことなどができるとされる。

「Plasma」を取引所に適用して「分散型取引所」をつくれば、中央集権的な“誰か”ではなくユーザー個人にお金を留めておくことができる。(中略)すでに複数のチームが「Plasma」の実装へ向けて動いているという。ヴィタリック自身もいくつかの取引所と話し合いをしており、彼らも導入に意欲的だそうだ。

イーサリアムのスケーラビリティー問題とは、ブロックには容量があり、ブロックを形成するのにある程度の時間(15秒〜17秒)がかかるため、トランザクション(取引)が増えるに従い、送金詰まりが発生してしまう問題である。

新技術であるPlasmaでは、処理できるトランザクション量を増やすことによって、上記の問題を解決しようと試みてるようだ。

Plasmaの開発が進んでいるという。この技術が導入されることにより、「中央集権化」していた各国の取引所が「分散化」されることだろう。Plasmaは2018年以内に実装可能だという。

 分散化という特徴をもつブロックチェーン技術が取引所によって「中央集権化」されるといったある種の矛盾が解ける日が近いのかもしれない。 

 

昨今のICO規制について

今のICO(イニシャル・コイン・オファリング)の規制には問題がある、とヴィタリックはいう。彼の主張はこうだ。

「例えば、アメリカを始めとする国々ではICOの規制があり、ユーティリティトークンは良いもので規制は必要なく、セキュリティトークンは悪いもので規制が必要だ、とされた。

セキュリティトークンとして登録すると長い時間がかかることになり、誰もやりたくないという状況になってしまった。

そこで起こったことは、(サービスを提供する)みんなが法律家を探し、自分たちのプラットフォームがユーティリティトークンモデルに分類されるように取り計らうことだった」

既存の法律では、昨今の新しい技術に対応している訳もない。技術の発展が加速化する中で、国家レベルでは、まだまだ新しい技術への対応に追いついていない。

現在は、既存の法律に合わせた開発になってしまっていることで、開発に制限がかかってしまっているのが現状だ。

技術革新と共に、法律面で、国家レベルでの対応は時間を要するだろう。

 技術と国家レベルでのルールとのギャップが埋まるのは一体いつ頃なのだろうか。 

 

「テクノロジーを受け入れるのに時間がかかるのはいいこと」

「ユーザーがテクノロジーを受け入れるのに時間がかかるのは実際、いいことだとも思う。だって時間があればテクノロジーを向上させて、より安全でスケーラブルで速いものを作ることができるし、みんなが僕らのプラットフォームやアプリケーションを使う頃には、もっといいクオリティーになっていると思うから

昨年の仮想通貨の市場価格の高騰により、昨年は世界的な仮想通貨ブームとなった。その中で、「ブロックチェーン」技術が大きな注目を集め、様々な分野に応用でき、万能な技術だとされ、妄想だけが一人歩きしていたように感じる。

将来的には、「ブロックチェーン」技術は、様々な人間の欲求を満たしてくれる技術なのかもしれない。しかし、新しい技術が社会に浸透するには、ある程度の時間を要するだろう。

私たちの知らない間にも、世界トップレベルの技術者らが開発を進め、技術が日々進歩している。

 「ブロックチェーン」技術は新たな時代の波をつくるだろう。 

 

その波はいつやってくるのか。そんなことは誰も正確な予測をすることができない。

ただ、事前に「ブロックチェーン」技術にアンテナをはっておくことで、時代の波に乗ることができるかもしれない。

記事をシェアする