アプリで“お小遣い稼ぎ”から“副業”へ 自撮り画像を投稿して10,000円獲得 ネットTV出演も~自撮りアプリ「スコップ」3月5日(月)リニューアル~

この記事はDreamNewsからの転載によるものです。
記事に関するご質問・ご意見はDreamNewsにお尋ねください。

インターネットメディア事業を展開するスコップ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:住田 賢司)は、自撮り画像を現金化できるスマートフォン向けアプリ「スコップ」を3月5日(月)にリニューアルします。
今回のリニューアルで、自撮り画像をアプリに投稿する対価を平均126円から10,000円以上に引き上げます。

「スコップ」は2017年4月のサービス開始時からこれまでに、1枚の自撮りに対して10円から2,000円までの報酬を設定し、自撮り画像を投稿すると報酬が得られるサービスを提供してきました。その中で、お小遣いではなく副業レベルで稼ぎたいというニーズが多く、これに応えてのリニューアルとなります。

■サービスに登録して“スコッパー”として投稿
“スコッパー”になるためにはアプリのダウンロードの後に90,000円のスコッパー登録料が必要になります。スコッパーになれば、報酬額が10,000円の“ミッション”に参加できるほか、インターネットTV番組「ミラクルスコップ」に出演できます。

■サービスの流れ
「スコップ」はスマートフォンに搭載されているインカメラを使って商品と一緒に自撮りし、投稿した画像をスポンサーが買い取ることで現金化できる日本初のアプリサービスです。

(1)“ミッション”と言われる、スポンサー企業が一緒に自撮りして欲しい商品やシチュエーションがアプリ内にリストアップされます。
(2)それぞれの“ミッション”に対して10,000円の報酬が設定されています。
(3)各“ミッション”で指示された条件どおりの自撮り画像を本アプリに投稿し、50件以上の「いいね」を集めると報酬を得ることができます。
(4)30,000円以上の報酬が貯まると現金で出金することが可能になります。

リニューアル時は3件の“ミッション”が用意されます。その後、毎月1~2件の“ミッション”が追加されます。
リニューアル後、初年度で120人の登録者を見込んでいます。

■インターネットTV番組「ミラクルスコップ」とは
Instagram、Twitter、Facebookなど、SNSを楽しむことからユーチューバーやインスタグラマーなどのビジネスも生まれてきました。そこで、自撮りのノウハウからフォトジェニックな写真の撮り方までを、楽しく学べる&堀り当てる番組が誕生。それが「ミラクルスコップ」です。
絶対タメになるノウハウと発見が、たくさん詰まった、ビジネス新感覚バラエティーです。
・放送日時: 毎月第一月曜日 20:00~21:00
・放送局: WALLOP、FRESH! by Cyber Agent
・出演者: ユーマ(ホリプロ所属)ほか
・URL: http://www.wallop.tv/?cpt_discography=skopp

【サービス概要】
◇アプリ名称:Skopp(読み:スコップ)
◇提供開始日:2016年8月23日
◇利用登録料:90,000円(消費税別)
◇決済方法:銀行振込
◇アプリURL:
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.jokerpiece.schop
iOS版:https://itunes.apple.com/jp/app/id1134989464/

・獲得金額がひと月に12万円以上になる場合は、源泉徴収(復興特別所得税含む)後の金額を支払います。
・不測の事態によりサービスが終了した場合は、登録料を全額返金します。
・登録者による理由で途中解約する場合は、登録後3ヶ月目から解約可能とし、返金額は4ヶ月以内4万円、5ヶ月以内2万円、6ヶ月以内1万円の返金を行います。
・解約後、再登録の場合は再度満額を支払う必要があります。

【会社概要】
◇会社名:スコップ株式会社
◇代表取締役:住田 賢司
◇本社:東京都千代田区飯田橋1-5-6 協和西ビル4F
◇設立:2017年4月
◇資本金:1,000万
◇事業内容:インターネット・スマートフォンを利用したメディア事業
芸能タレント・モデル・アーティストの育成及びプロモート業務
◇URL:https://skopp.me/

記事をシェアする