露出が多くなる夏はご注意!放っておくと、ドン引きされているかも。実はムダ毛より見られている“●●●●●”!

この記事はPR TIMESからの転載によるものです。
記事に関するご質問・ご意見はPR TIMESにお尋ねください。

近年、背中開きトップスやオフショルダーなどの流行により、夏に背中の露出するを機会が増えています。メディカルコスメ®のパイオニア、株式会社ドクターシーラボ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:石原智美)は、背中に関するアンケート調査を行いました。男女共に気になってしまうところは、なんとムダ毛を抜いて背中のニキビという結果に。アンケート調査の結果と共に、皮膚の専門家として、背中ニキビの適切なケア商品をご紹介します。調査概要: Webアンケート/2018年6月21日~22日/20歳~59歳 男女

 

  • 男性に聞いた、衝撃の事実!

 

Q:女性の背中のどんなところにドン引きしましたか?(N=129 男性)
  ⇒ ニキビ!との回答が一番多い結果に。

・男性に、女性の背中のどんなところにドン引きしたか調査したところ、約半数以上もニキビと回答。
毛の処理よりニキビケアが必要です!

  •  気になる同姓からの目は!?

Q:電車や職場で見かけた肌トラブルを持つ女性を見て、気になったことは何ですか?(N=185 女性)
⇒ ダントツでニキビを目撃されていました。

・同性からの気になる目線も、ニキビがダントツで注目されています。背中ニキビに油断は禁物です。

  • 背中に自信がない理由、見当違いです!

Q:自分の背中に自信がない原因は何ですか? (N=311 女性)
⇒ ムダ毛で自信を無くしていました。

・自分の背中に自信がない原因1位はムダ毛。
しかし、ムダ毛を気にするより、背中ニキビのケアをしたほうがよさそうです。
 

 

 

  • 背中ニキビ対策の現状とは

上記のアンケート調査結果で、背中ニキビケアをすることが得策だと判明しましたが、実際どのようなケアや対策を行っているのでしょうか。女性の背中ニキビケア方法の実情を探ってみました。
調査概要: Webアンケート/2018年6月21日~22日/20歳~59歳 女性360名

Q:背中・胸元などのボディにニキビができた時、どんな対処をしますか?

Q:体や顔など、ニキビはできる場所によって原因菌が違うことを知っていましたか? 

結果:放置している人多数!
ニキビができてしまっても、ケアの仕方がわからず、何もしていないという回答が約半数。さらに背中ニキビは、顔にできるニキビと原因菌が異なるため、専用のケアが必要ですが、原因菌が違うことがそもそも知られていないという結果に。

背中ニキビに効果的な専用ローションを使って、放置せずにキチンとケアをし、誰に見られても”引かれない背中”に!

  • ボディニキビの原因に働きかける専用のローションは、こちら。

◆「イソプロピルメチルフェノール*1」・「サリチル酸*1」・「グリチルリチン酸2K *1」3種の有効成分で原因菌にアプローチ!健やかなつるつる肌に

『薬用アクネレスピールローション』は、ボディニキビの原因に着目し、有効成分「イソプロピルメチルフェノール*1」、 「サリチル酸*1」が殺菌効果を発揮します。他、炎症などを抑える有効成分「グリチルリチン酸2K*1」も配合しました。
不要なオイル成分は配合せず、99%ウォーターベースに仕上げました。エステサロンの施術を応用し、角質ケア成分を含む6種の美容成分*2でつるつるの肌に。
さらに3種のセラミド*3・3種のコラーゲン*4・3種のヒアルロン酸*5と保湿成分もたっぷり配合し、うるおいに満ちた健やかな肌に導きます。
 

 

*1 有効成分 *2 グリコール酸、乳酸、アロエエキス(2)、海藻エキス(1)、ドクダミエキス、ヨクイニンエキス、デイ・リリー花発酵液(整肌成分) *3 N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン(保湿成分) *4 水溶性コラーゲン液、加水分解コラーゲン末、ヤシ油脂肪酸加水分解コラーゲンカリウム液(保湿成分) *5 ヒアルロン酸ナトリウム(2)、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム(保湿成分)

記事をシェアする